「プログラマーやめとけ」と言われる理由と対策│現役プログラマー6人に聞く!

プログラマー やめとけ 働き方改革




通勤電車から解放され、自由に好きな場所でがっつり稼ぐ…

そんなライフスタイルに憧れプログラマーを目指す人が増えてますが、その一方で

  • 「きついからマジでプログラマーはやめとけ」
  • 「絶対挫折するからプログラマーの勉強なんてするのはやめとけ」

なんて声も聞くので、これを読むあなたは「実際のところどうなの?やめといた方がいいの?」と不安に思っているのではないでしょうか?

これを書く僕はフルリモートワークの会社員をしつつ、副業でフリーランスとしても収入を得ています。

そのため、仕事柄、プログラマーさんとよく接するので、ほんとのところがどうなのか気になって同僚のプログラマーと知人のプログラマー数人につっこんでインタビューしてみました。

  1. 「プログラマーやめとけ」と言われる理由
  2. プログラマーとして失敗しないためにすべきこと

主に上記2点を書いていきます!

現役プログラマー数人の意見をもとに書いたものですので、「これからプログラミングの勉強しようと思うんだけど…どうしよう」と迷われているあなたは必読

ぜひご参考になさってください。

スポンサーリンク

一般的に「プログラマーやめとけ」と言われる理由

まずは、なぜ「プログラマーやめとけ」と言われるのか? その理由から。

同僚・友人から聞いた内容と、Twitterの投稿を元にまとめました。

① 残業するのが普通の職業だから

プログラマー 残業 やめとけ

まず挙げられるのが「プログラマーは残業が普通の職業だから」というもの。

事実、dodaがまとめた「15,000人の残業時間ランキング」によれば、プログラマーに該当する職種は1位と13位にランクインしています。

※1位:ゲーム(制作・開発)、13位:Webサービス系エンジニア・プログラマ

上記はあくまでも平均なので、これよりも残業多いっていう人は割とざらにいるとか。

バグや障害が発生したら残業は確定。

納期近い時には毎日、終電近くまでの残業も普通だし、泊まり込みをするのも珍しくありません…

同僚&友人のプログラマーからの証言

10年近く務めてた会社は、納期が近い時は大体会社に泊まってたね。ホー◯レスみたいに、ダンボールを床に敷いて寝てた。

 

風呂は近くに銭湯があったからそこに入りに行ってた。

 

銭湯に行くための洗面器とシャンプーと石鹸を家から持ってきてオフィスに置いてたよ。

 

ー プログラマーの友人(男性・39歳)

最近は落ち着いて毎日21時くらいに会社出れるようになったけど、3月は死んでた。

 

22時半くらいまで仕事して、サーバーの監視するのに自宅でノートPC開いてメシ食いながら見てるって生活が1ヵ月くらいあった。

 

ー プログラマーの友人(男性・41歳)

Twitterで見かけた例

② 新しい技術の習得が大変だから

プログラマー やめとけ 新しい技術 勉強

「プログラミングは新しい技術の習得が大変」という声も多くありました。

プログラミング言語の進化はめちゃめちゃ早くて、

  • 新しいプログラミング言語が出てくる
  • 既存の言語がバージョンアップされる

…ということはザラにあるそうで、英語を習うのと違って一度習得すれば終わりではなく、日々勉強し続けなければ置いていかれます。

なかのの夫
なかのの夫

つまり、プログラミングで食っていくには一生勉強が必要ってことですね…

しかもその勉強する時間は会社の業務時間内にやるのではなく、平日仕事が終わってから or 休日を使って勉強するのが普通だそうです。

同僚&友人のプログラマーからの証言

半年間、休職していたら同じプログラミング言語でも、コードの書き方や新しい技術が登場していたりして自分の技術が全然通じなくなってましたよ…

 

Rails(Ruby on Rails)とかありませんでしたからね。

 

今は通勤電車内でも勉強して追いつけるように頑張ってますが、正直キツイですね。

 

ー プログラマーの友人(男性・41歳)

プログラマーって一生勉強しなきゃいけないので、それに耐えられない人は難しいと思います。

 

現に私もこの会社入ってから新しい言語(プログラミング言語)覚えましたし。。。

 

ー 同僚のプログラマー(女性・20代)

Twitterで見かけた例

③ 納期に追われ続ける職業だから

プログラマーにとって納期は絶対。品質以上に納期が絶対視されるそうです。

納期ばかりを重視しすぎると、リリース後にバグが多く見つかったり…といった弊害が起こるというデメリットがありながら、未だに「納期は絶対」という文化が根強いのだとか。

営業職の人にとっては契約数というノルマがのしかかりますが、プログラマーにとっては納期こそが常にのしかかるノルマです。

実際に僕の働いている会社でも、リリース前はプログラマーの人たちが深夜や朝方までチャットでやりとりしてる様子が散見されます。

同僚&友人のプログラマーからの証言

今週はアプリのリリース前で忙しいから返す(インタビューの質問の返信)の深夜になるかも。気長に待ってて。

 

ー プログラマーの友人(男性・39歳)

先月は新サービスのリリースがあったので深夜まで作業してましたね。

 

今の会社はその分休みもらえるからいいんですけど、新卒で働いてた会社はそのままぶっ通しで次の日も勤務してまた深夜まで作業して…みたいな働き方してました。

 

ー 同僚のプログラマー(男性・20代)

Twitterで見かけた例

④ 「緊急事態」が多いから

早く帰れるはずが急なエラーが発生して残業せざるを得なくなった…ということがザラに起きるほど、プログラマーにとって「緊急事態」は日常茶飯事です。

僕の友人に、必ずと言っていいほど飲み会に遅れて参加するエンジニアが居るのですが、飲み会の30分くらい前になるとLINEが送られてきて

ごめん緊急対応で今日も遅れる。◯◯時までは行けると思われ。

という文面がもはやテンプレート化している人がいます。笑

この理由としては、

  • リリース前の最終チェックでバグが見つかった
  • ページがうまく動作しなかったり、おかしな挙動を起こす
  • 納期直前でクライアントから仕様変更の依頼がある(なのに納期に変更なし)

…といったことがあるから。思ったようにスケジュールが進まないことが普通だそうです。

その結果が前述した残業にも繋がるというわけですね。

同僚&友人のプログラマーからの証言

あれ(飲み会に遅れて参加すること)はホントごめん。

 

プログラマーには障害対応が普通のことなのよ?

 

この前も納期1週間前になって、薬機法的にまずいところがあってデザインからやり直しなんてことあったからね!

 

ー プログラマーの友人(男性・36歳)

この前リリースしたアプリが公開後にすぐバグが見つかって修正するのに急遽泊まりになった。

 

会社近くにカプセルホテルがあって助かったのは不幸中の幸いだな。

 

ー プログラマーの友人(男性・39歳)

Twitterで見かけた例

⑤ プログラマーになるのに時間がかかるから

プログラマーとして食っていけるようになるのに時間がかかるのも「やめとけ」と言われる理由です。

これはプログラマーに限らず言えることですが、ある程度の金額を稼げるレベルになるには時間がかかりますよね。

なかのの夫
なかのの夫

僕はブロガーですが、ブログで月20万稼ぐのに1年半ほどかかりました

プログラミングスクールの謳い文句の中に「最短1ヵ月でアプリ開発できるようになる」みたいな文言がありますが、あれは本当に特別な例だとか。

独学でかじった経験がある人でも、スクールに通って本気で勉強して3ヵ月くらいが早い方…と考えておくのが無難なようです。

同僚&友人のプログラマーからの証言

スクールで最短1ヵ月で…みたいな内容よくありますけど、あれはほぼあり得ませんね。

 

元々プログラミングを独学しててある程度スキルがあった人がプログラミングスクールに通って1ヵ月で作成できるようになったことを言ってる例もあるみたいですよ。

 

ちゃんとフリーで食ってけるレベルになるためには、どんなやる気のある人でも最低でも3ヵ月はかかるでしょうね。

 

ー 同僚のプログラマー(男性・20代)

Twitterで見かけた例

プログラマーとして失敗しないためにすべき3つのこと

とはいえ、上記は全てのプログラマーに当てはまることではありません。

自由な場所・時間で働き、かつ収入もきちんと得ているプログラマーの方も当然いらっしゃいます。

今回インタビューした中にもそうした方が何人かいましたので、「プログラマーとして失敗しないためにすべきこと」を聞きました!

それが以下の4つです。

  1. 基礎スキルは盤石に!(絶対条件)
  2. 「独学できる力」を身に着けておく
  3. フリーランスとして仕事を受けておく
  4. ブログ+SNSで発信して影響力付けておく

では、順に見ていきましょう。

① 基礎スキルは盤石に!(絶対条件)

稼いでいるプログラマーの方が口を揃えて言うのが「基礎が大事だ」ということ。

サッカーでいうところのリフティングや、インサイドキックのようなものだそうで…やっぱりどんなものにおいても基礎は大切なんですね。

で、ここで疑問に感じたのが…

なかのの夫
なかのの夫

「基礎スキル」って具体的にどういうこと? どうやって身につけるの?

ってこと。というわけで友人のプログラマーにそのまんま質問したところ、こんな答えがかえってきました。

自分の作りたいもの(たとえばアプリ作りたいとか)を作るための言語が何で、それはどうコードを書いたらよくて、どう勉強していけば身につくか判断できる力かな。

じゃあ基礎を身につけるにはどうすれば一番早いのか?という点ですが、これは「プロの真似をするのが一番早い」そうです。

未経験からプログラミングを覚えるなら「スクール」が最短&最良です

じゃあ具体的にプロの真似をするにはどうすればいいかいうと、おすすめは「プログラミングスクール」。

プログラミングスクールは高額な受講料がかかりますが、現役のプロのエンジニアに直接習えて、仕事の斡旋までしてくれます。

なかのの夫
なかのの夫

ちなみにスクールに通ってプログラマーになった友人いわく、「受講料は企業の開発案件(ウェブサイトなど)を2つくらい受注できれば余裕でペイするんで俺はおすすめですけどね」とのこと。

しかもそこで作りたいものや目標を話せば、何をどう勉強すればいいのかを懇切丁寧に説明してくれるそうです。

で、必ず無料体験がありますし、無料体験受けたら必ず入らなきゃダメ…ってわけじゃないので、「無料の範囲で利用するだけしてやろう」って感じで申し込んでみましょう。

② 「独学できる力」を身に着けておく

上でも書いたようにプログラミングは日々新しい技術が出てくるので、「プログラマーとして食っていくには「一生勉強」が基本です。

基本である以上、やらなければいけないことなので、

  • 情報源をまとめておく(Webサイトや専門のSNSアカウント等)
  • 自分に合った学習法は何なのかを知る(本を読む、学習サイトを使う等)

…等をして「独学できる力」を身に着けておくと、少なくともプログラミングの勉強が「苦行」ではなくなるそうです。

もちろんそうなるまでには時間がかかりますが、習慣化していけばそれほど苦をせずに「独学できる力」は身につくはずです。

※このあたりも、上記のプログラミングスクール無料体験のときに相談してみてもいいかもしれません。

③ フリーランスとして仕事を受けておく

会社での仕事とは別に、「副業でフリーランスとして仕事を受ける経験は絶対にしておいた方がいい」とのこと。

もちろんフリーランスの場合は会社員に比べ多くの責がも伴い、仕事の質もより求められるようになります。しかしその分、

  • 自由な時間に働ける
  • 高収入が見込める
  • 仕事の獲得方法や進め方がわかる
  • 倒産・リストラ・給与カット等のリスクヘッジになる

…等など多くのメリットがあるのも確かです。

会社員としてではなく、自分個人で稼ぐスキルは大きな財産になります。

なお、同僚&友人に聞いた、おすすめのフリーランスプログラマー向け求人サイトは以下の3つ。どれも無料で登録できますので、まずはサクッと登録してみましょう。

✓ プログラミング案件多数!フリーランス向け求人サイト

会社員をしながら、副業でプログラミング案件を受けられるおすすめサイトは以下の3つです(登録無料)

④ ブログ+SNSで発信して影響力付けておく

最後に、ブログ+SNSで発信し、影響力を付けておくのも重要とのこと。

これについては僕も同意見でして、「プログラミングの副業で稼ぎたい」「フリーのプログラマーとして独立して脱社畜したい」という人がかなり増えてます。

目指す人がたくさんいるので、ブログ+SNSで継続して発信し続ければ影響力を付けるのは意外とかんたんです。

なかのの夫
なかのの夫

特にTwitterにはプログラマーを志す人が星の数ほどいます!

ブログとSNSで影響力をつければ、プログラミングの仕事の獲得はもちろん、広告収入を得たり、インフルエンサービジネスで稼ぐこともできます。

プログラミングスキルを磨くことは大事なのですが、並行してブログ+SNSにも力を入れていきましょう!

✓ ブログ+Twitterの発信方法について

ブログ+Twitterで影響力を付けたい!という方は以下の2つの記事をどうぞ。

「やめとけ」と言われない自由に稼げるプログラマーを目指そう!

プログラマーになろうか迷ってるあなたがなるべきは世間一般的なプログラマーではなく、自由な場所・自由な時間に働き、がっつり稼ぐプログラマーです。

AI技術の発展や、2020年から小学校でプログラミング教育が始まる…等、今後ますますプログラマーの需要が拡大するのは間違いありません。

その波に上手く乗るためにも、

  1. 基礎スキルは盤石に!(絶対条件)
  2. 「独学できる力」を身に着けておく
  3. フリーランスとして仕事を受けておく
  4. ブログ+SNSで発信して影響力付けておく

以上の4点を実践してみましょう。

※おまけ:プログラマーではなくSEについて詳しくは「【必見】SE(システムエンジニア)の転職がおすすめな3つの理由」という記事がおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロフィール
なかのの夫

副業(複業)歴7年。一日5.5時間しか労働しない「時短勤務」で、しかもオフィスに出社しない「リモートワーク」正社員。ブログとSNSでも稼ぐ【複業パパ】

年収300万に悩み副業ブログ開始 ➜ 1年半で年収2倍。最高83万PV/100万円。複業で人生大逆転しました!!

全てのパパとワーママに、家族もやりたいことも収入も諦めない欲張りな生き方を広める活動してます。

なかのの夫をフォローする
働き方改革
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめの記事
なかのの