リモートワークならエンジニア等の「IT系」未経験からの転職法&求人サイト

リモートワーク IT リモートワーク・在宅ワーク




IT系企業で現役リモートワーク正社員として働くなかのの夫です。

リモートワークって、やっぱりエンジニアとかの「IT系の職種」がいいのかな?

もしIT系がいいとして、未経験でもリモートワーク可能な求人ってある?

最近よく聞くリモートワーク。

求人サイトにも「リモートワーク可」という条件が目立つようになってきて、自分もやりたいな…と思う一方で、上記のような疑問・不安もありますよね。

結論から言えば、

なかのの夫
なかのの夫

完全未経験OKで、週5でリモートワークで、正社員という条件の求人はありません。

 

しかし、IT系の企業・職種なら、未経験でもリモートワーク可能な正社員になる方法はあります(断言できます)。

…です。

この記事では、現役でリモートワーク歴1年半。正社員+ブログ・SNSの複業で稼ぐ僕が

  1. 未経験でもリモートワークを実現しやすい「IT系おすすめ職種」
  2. 未経験から最短で「リモートワーク正社員に転職する方法」
  3. リモートワーク可能なIT系求人が揃う「おすすめ求人サイト」

以上の3つを中心に書いていきます。

これを読めば、リモートワークOKのIT企業・職種に転職できる確率はグンと上がりますよ。

現職の会社に転職した際の体験談・ノウハウをもとに書いてますので、この通りにやってみてください。

 

サクッと「IT系の仕事に転職する方法と、おすすめの求人サイトだけ知りたい」という人はタップ!

IT系職種でリモートワークの正社員に転職する方法

スポンサーリンク

【結論】リモートワークは、エンジニア等の「IT系」で探すのが一番の近道です

リモートワークはIT系の職種・IT業界で探そう!

リモートワークはIT系の職種・IT業界で探そう!

まず結論です。

あなたが僕と同じようなリモートワーク正社員に最短でなりたいのなら、迷わずIT系の企業もしくはIT系の職種にしてください。

理由は、僕のリモートワーカー仲間は全員もれなくIT系の企業もしくはIT系の職種だから。

以下のインタビュー記事をお読みいただくとわかりますが、全員勤務している会社は違いますが、共通して「IT系の業界もしくは職種」です。

パッと見でわかるように、全員「IT系」ですよね。

なお、詳しい業務内容・転職した方法はそれぞれの個別インタビュー記事をどうぞ!

リモートワーク向きのIT系職種3選

上記のようにリモートワーカーにはIT系の職種の方が多いんですが、その中でも特に僕が「これはリモートワーク向きだな」と思う職種が以下3つです。

ITエンジニア(詳細は後述)

まずはエンジニア。

リモートワーク向きのIT系職種の筆頭で、リモートワーク=エンジニアのためにできた働き方といっても全然過言ではありません。

ノートPCさえあれば時間・場所を問わず仕事が可能で、業務の進捗や成果の管理もネットを介してできる。

さらにはめちゃくちゃ需要も高いので、これ以上ない条件が揃っています。

Webライター

リモートワーク IT職種 webライター

僕自身、Webライターとしてリモートワークをしています。

それ以外に、外部メディアに寄稿したことも、前職の会社や、自分のブログでもライティングをしてきました。

で、思うのがほんとリモートワーク向きだし、出社の必要ないよなということ。

ひたすらPCでタイピングや音声入力。記事という明確な成果物もあるし、WebライターはITエンジニアと並びリモートワークに最適な職種だと思います。

マーケッター

最後にマーケッターです。

Webサイトのマーケッター、SNSを使ったマーケッターと種類も需要も増えてきていることに加え、こちらもPCとネットさえあればできる仕事。

作業環境は最小限で済み、連絡もメールやチャット、対面でやる際にもビデオ通話でほぼほぼOKです。

リモートワークを許可しているIT系企業一覧

で、実際にリモートワークを許可している企業をピックアップしてみると、こんな感じ。

実際にIT系企業はリモートワークを許可しているところが多いんです。

IT業界・職種がリモートワークに向いているといえる理由

じゃあ、IT業界・職種がなぜリモートワークに向いているのか?

主な理由は以下3つが挙げられます。

パソコン1台あれば済む仕事が多いから

リモートワーク パソコン

特殊な道具が必要なく、ネット環境が整っていればノートパソコン1台で仕事ができてしまう仕事が多いです。

後述するITエンジニアはその代表例ですし、僕がやってるようなWebライターやマーケティング業務もこれ。

勤務場所に制約がないから

リモートワーク 勤務場所 働く場所

勤務する場所の制約がないことも大きな条件で、「オフィスにいなくても仕事ができる」仕事が多いです。

販売業であれば店舗、製造業であれば工場など、特定の決まった場所で仕事しなきゃいけなませんが、IT系業種や職種にはオフィスに出勤する必要がないことがほとんどです。

成果が明確だから

そして最後に「成果が明確」であることが挙げられます。

たとえば僕はWebライター職ですが、「記事を◯本アップした」みたいに成果が明確で、報告も進捗管理もしやすく、ネットを通じてチャットやメールでサクッと共有できちゃいます。

リモートワークは超成果主義なので、成果が明確なのは重要なことなんですね。

とはいえ、未経験からIT業界でリモートワークするのは「ほぼ不可能」

未経験からIT業界でリモートワーク

未経験からいきなりIT業界でリモートワークは不可能です

しかしここで注意点。

いくらIT系の業種・職種でリモートワークがしやすいとはいえ、完全な未経験なのにいきなりリモートワークで仕事するのは「ほぼ不可能」です。

理由は簡単で、さきほども言ったようにリモートワークは超成果主義だから。

言い換えれば「実績が全て」です。

詳しくは「フルリモートワーク正社員になるには「実績」9割。未経験は無理!」を読んで欲しいのですが、人事の方や上司の立場になるとわかります。

未経験で実績もない人が、

  • こちらの全く目の届かない場所で
  • こちらが何も言わなくても
  • 毎日必ず一定の成果を
  • 「すぐに」出せるか?

…って話ですよ。

そんな人を信用できますか?ましてや正社員とかで雇いたいと思いますか?

あり得ませんよね。

リモートワークは同じオフィスで机を並べて仕事しないので、勤務態度や今やってる業務の進捗を追うこともできません。

だからこそリモートワークは「超成果主義」であり、「実績が全て」なんです。

未経験からリモートワーク実現するなら「ITエンジニア」だ!

リモートワーク ITエンジニア

最もリモートワーク向きなのは「ITエンジニア」!

 

じゃあ、未経験でもリモートワークOKの仕事に就ける可能性が高い職業って何?どうすれば最短でリモートワークの仕事に就けるの?

 

という疑問がわくと思います。

これに対する僕の答えは、「ITエンジニア」です。

上記で説明したように、ITエンジニアは最もリモートワーク向きの職種。

そう言える理由は下記ツイートを参照。

  • 需要が非常に高い(=求人が圧倒的に多い)
  • PCとネットあればどこでもできる
  • 成果物がはっきりしてる
  • 未経験でもなれる
  • 副業案件が多い
  • 資格いらない
  • 独学できる
  • 単価高い

まずはスキルを身に着け、クラウドソーシングで副業という形で経験を積む。

そうすればフリーランスとして高単価の案件を獲得することも、正社員としてリモートワークすることも十分に可能です。

なかのの夫
なかのの夫

全社員リモートワークOKなうちの会社の同僚エンジニアと、フリーランスでエンジニアやってる友人に聞いたので間違いなしです。

どの職種にするか迷ったら迷わず「エンジニア」を選びましょう。

未経験からITエンジニアを目指す人におすすめのスクール

未経験からエンジニアを目指す人におすすめのスクール

未経験からエンジニアになりたい人は「スクール」がおすすめ!!

じゃあどうやって、未経験からWeb制作したりアプリを作ったりする「ITエンジニア」になれるの?

結論から言えばプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

最近のプログラミングスクールは「転職・就職保証」が付いてるところが多いのをご存知ですか?

転職・就職ができなかったらレッスン料金を全額返金してくれたり、転職成功でレッスン料が0円(無料)になるところまであります。

以下がその例です。どのスクールも初回は「無料」なので、まずは気軽に行ってみましょう。

ちなみにオンライン対応のところをピックアップしてるので、日本全国好きなところから受けられますよ。

✓ 「転職保証」に力を入れてるプログラミングスクール

  1. DMM WEB CAMP(全コースが転職保証つき)
    転職できなければ授業料を全額返金。未経験は95%以上で、そのうち転職できた人は98%
  2. TechAcademy(エンジニア転職保証コース)
    転職できなければ授業料を全額返金。しかも無料体験は業界最長の1週間OK!
  3. 侍エンジニア塾(転職コース)
    同スクールの転職サポートにより転職成功すればレッスン料を0円に。

しかもプログラミングスクールは企業と太いパイプがあるので、通常の転職サイトよりも良い条件で採用してもらえたり、内定をもらいやすいみたいです。

【体験談から教える】IT系職種でリモートワークの正社員に転職する方法

ちなみにITエンジニア以外でもリモートワーク可能な職種はもちろんあります。

ここでは、エンジニア以外のIT系職種でリモートワークの正社員に転職する方法を、僕の体験談を元に詳しく解説します!

この通りにやってみてください。

① リモートワークできる職種・仕事からなりたいものを決める

リモートワークできる職種 リモートワークできる仕事

「リモートワークできる職種・仕事」から選ぶのがポイント!

まずは「リモートワークできる職種・仕事」から、自分のなりたいものを決めてください。

リモートワークできる最適な職種&条件まとめ【現役ワーカー直伝】
会社員としても、個人事業主(ブログ、SNS運用など)としても完全在宅で仕事してる現役リモートワーカー、なかのの夫です。 この記事を読むあなたは、 ...

これは現在のスキル・経験を無視して決めてOKです。

※すでにプログラミングやWebライティングのスキルがそれなりにある人は、それに合った職種を選ぶ等してもOKです。

✓ 僕の体験談

僕の場合は、Webライターもしくはマーケッターを選びました。

② スクールor副業でスキルや実績をつける

リモートワーク 実績 成果主義

リモートワークできるスキル・職種の実績をつけよう!

職種を選んだら、その職種の業務に必要なスキルをスクールで勉強したり、もしくは独学+ランサーズやクラウドワークスあたりで「副業」という形で仕事を受け実績を積みましょう。

なお、職種に合わせたスキル・実績をつけるのが最大のポイントです!!!

たとえばWebライターならブログで検索エンジン上位表示してアクセス数を上げたり、ブログ記事の案件をたくさんこなしたり…等です。

Webライター志望なのにプログラミングを覚えたりしても何の意味もありませんから。

✓ 僕の体験談

僕の場合は、副業ブロガーとしてブログを書いたり、外部メディアに寄稿したり、SNSマーケティングをがんばってフォロワー増やす等してました。

※結果、ブログの最高月間PV数は83万PV、SNSは総フォロワー数が2万6,000ほどになりました。

それ以外に、リモートワーカーとして共通して持っておいた方がいいスキルは以下記事をどうぞ。(こっちも要チェックです)

実働して実感!リモートワークに必要なスキル5選│リモートワーカーが解説
リモートワーカーとして働いてみたいんだけど、リモートワークに必要なスキルって何だろう?企業はどんなこと求めてるのかな? こ...

③ リモートワーク求人が多いサイトで探す

リモートワーク 求人サイト

リモートワーク求人が多いサイトで探そう!

スキルが身につき、実績ができたところで転職・就職活動開始です!

ここでの注意点は「リモートワーク求人の多いサイト」で探すこと。

僕が実際使ったサイトや、現役リモートワーカー仲間がおすすめする求人サイトはこの後ご紹介しますので、ぜひ参考に!

✓ 僕の体験談

ちなみに僕の場合は、今の会社はWantedlyで見つけました。

現在は正社員の求人数は少なくなってますが、当時は見つけやすかったですね。

正社員を目指す!IT系のリモートワーク求人が多いおすすめ転職サイト

では上記の続きで、おすすめのリモートワーク求人サイトをご紹介します。

まずは正社員として転職・就職を目指す人におすすめの求人サイトですが、具体的には以下3つです。

✓「リモートワーク可」の求人が多い転職サイト

  1. リクナビNEXT(261件)
  2. リクルートエージェント(105件)
  3. doda(539件)

※カッコ内は「リモートワーク」で検索した求人の数(2019年9月時点)

この3つのサイトは、さっきも書いたように「僕が実際使ったサイト+現役リモートワーカー仲間がおすすめするサイト」です。

というわけで、正社員を目指す人はこの3つは登録必須です。

リモートワークOKの委託業務多数!フリーランス・副業向け求人サイト

続いては「業務委託」という形式のリモートワーク求人がたくさんあるサイトをご紹介します。

こっちはフリーランスで仕事を受ける人、現在の会社にいながら副業で仕事してみたい人におすすめです(実績作りに使いましょう)

  1. クラウドテック
    週3~勤務OK。かつ、リモートワーク案件多数!
  2. Midworks
    正社員並の好待遇でフリーランスしたい人に
  3. ランサーズ
    定番!色々なジャンルの副業案件が多数掲載

こちらもとりあえず全部登録してみて、自分の希望にあったところを使ってみましょう。

参考:リモートワークで働く僕の一日のスケジュール

最後に、参考までにリモートワークで働く僕の一日のスケジュールをTwitterから引用してご紹介します。

こんな感じです。

僕はリモートワークに加えて時短勤務してまして、1日の労働時間は5時間のみです。

しかもフルフレックスなので働き方はかなり自由。

リモートワークは本当にストレスフリーな働き方なので、ぜひぜひ実現してほしいですね!

まとめ:リモートワークしたいなら、IT系を目指すべし

というわけで、再度結論。

IT系の企業・職種なら、それまで未経験でもリモートワーク可能な正社員になれる可能性はあります。

リモートワークを目指すあなた、今回ご紹介した手順で進めてみてくださいね!

IT系職種でリモートワークの正社員に転職する方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロフィール
なかのの夫

副業(複業)歴7年。一日5.5時間しか労働しない「時短勤務」で、しかもオフィスに出社しない「リモートワーク」正社員。ブログとSNSでも稼ぐ【複業パパ】

年収300万に悩み副業ブログ開始 ➜ 1年半で年収2倍。最高83万PV/100万円。複業で人生大逆転しました!!

全てのパパとワーママに、家族もやりたいことも収入も諦めない欲張りな生き方を広める活動してます。

なかのの夫をフォローする
リモートワーク・在宅ワーク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめの記事
なかのの