テレワークの準備できてる?最強グッズはこちら!
リモートワーク・在宅勤務

在宅勤務におすすめのディスプレイ 売れ筋ランキング【用途別に解説】

在宅勤務でデュアルディスプレイを活用してる現役リモートワーカー、なかのの夫です。

  • 在宅勤務が始まって、ディスプレイをちゃんと選ぼうと思うんだけど、どんなのがいいんだろう?
  • 実際、在宅勤務してる人はどんなディスプレイ使ってるの?
  • 在宅勤務用のディスプレイは、どのディスプレイがおすすめで、どう選んだらいいの?

こんなお悩みにお答えします!

結論、在宅勤務用のディスプレイといっても、状況(目的)によって適したサイズが異なります。

用途・目的画面サイズ値段
デスクトップで、ディスプレイ1台24~27インチくらい平均で約2万円
デスクトップで、ディスプレイ2台
(デュアルディスプレイ)
20インチ以下の同じものを2台使う約2万4,000円
ノートPC用のモバイルディスプレイ約15インチ(ほぼ15.6インチ)約2万円

こんな感じで異なります。

予算と、あなたがどんな環境で在宅勤務するのかによって選ぶのが正解ですね。

というわけでこの記事では、

  1. 在宅勤務用ディスプレイの選び方(状況・目的に応じて選ぶべし!)
  2. 在宅勤務におすすめのディスプレイ(売れ筋ランキングからご紹介!)

この2点をまとめました。

なお、おすすめのディスプレイは「Amazonの売れ筋ランキング」を元にまとめてます。(2020年2月29日時点)

なかのの夫
なかのの夫

つまり、評価・価格ともに◎で、かつ、すぐに手元に届くものばかり!

これを読んで、快適な在宅勤務のためのディスプレイを見つけてくださいね。

✓ 気になるところへショートカット

「選び方」から見る
「24~27型ディスプレイ」から見る
「20型以下ディスプレイ」から見る
「モバイルディスプレイ」から見る

この記事の目次

在宅勤務歴2年以上の僕は「デュアルディスプレイ」です

在宅勤務 デュアルディスプレイ

在宅勤務はデュアルディスプレイが一押しです!

まず僕自身のディスプレイ環境は上記写真のとおり。

デスクトップで、デュアルディスプレイを採用してます。

同サイズのディスプレイを2つ使って画面を拡張し、作業効率を上げてます。

個人的には、これが一番作業効率が上がるなと感じていて、

  • 左側:メイン。ネット見る、記事を書く、画像編集する…等の「作業」に使う
  • 右側:サブ。チャット等の「連絡」やネットや資料の「確認」に使う

こんな風に用途ごとに分けて使い分けられるので、作業スペースさえ確保できるのならこれが一番のおすすめ。

現在、デスクトップで作業してるという方はせひ。

単純に1台ディスプレイを増やすだけで作業がめちゃくちゃ捗りますよ~!

用途に合わせて選ぼう!在宅勤務のディスプレイ選びのポイント

在宅勤務 ディスプレイ 選び方

在宅勤務のディスプレイ選びは「用途・目的」に合わせるべし

まず、ひとくちに在宅勤務用のディスプレイ(モニター)と言っても、用途に応じてサイズが違います!

大きく以下3つのパターンがあります。

  1. デスクトップパソコン×ディスプレイ1台の場合
  2. デスクトップパソコン×ディスプレイ2台(デュアルディスプレイ)の場合
  3. ノートパソコン用のサブディスプレイの場合

まずは自分がどの状況(目的)でディスプレイを欲してるのかを確認してください。

以下から、それぞれ状況(目的)別に、おすすめのサイズや選び方のコツをご紹介していきます。

前提:まずは予算を決めよう

まず確認してほしいのが「予算」です。

なぜなら在宅勤務になったとはいえ、

  • コロナウイルス対策等による「一時的な在宅勤務」
  • 転職・独立・会社の制度変更による「恒久的な在宅勤務」

この2種類があるからです。

前者なら、あくまで一時的なものなので、ディスプレイに数万円とか出すのはちょっと抵抗ありますよね。

後者なら、今後は自宅が自分の仕事場になるので、快適な作業環境を整えるのは大事。ある程度お金をかけても、良いものを揃えるべきです。

ちなみにモニターの相場は、

  • デスクトップ用ディスプレイ:1万円~
  • ノート用のモバイルディスプレイ:2万円~

こんな感じですので、大体2万円くらいかなと思っておくといいかもです。

中古ディスプレイならさらに安くなる!

ちなみに中古ディスプレイなら、価格はもっと下がりますよ。

  • デスクトップ用ディスプレイ:約30%~50%OFF
  • モバイルディスプレイ:約10%~20%OFF

こんな感じの相場感で、デスクトップ用ディスプレイは型落ち品がほとんど。

モバイルディスプレイはほとんど中古品がありません(最近になって出てきたので数自体が少ない)。

僕は中古ディスプレイを2つ使ってるのですが、1台6,000円くらい。

で、4年弱使ってますが別に何の問題もありません。

中古だからすぐに壊れるんじゃないの…?ディスプレイのどっか色欠けてたりしないの?

…みたいな心配は無用ですよ(個人的な感想ですが)

てなわけで、できるだけ予算をかけずにディスプレイを揃えたいという方は、中古をどうぞ!

デスクトップパソコン×ディスプレイ1台の場合

デスクトップ用パソコンに、ディスプレイ1台で快適に作業したい!

という方は、

  • サイズ:24~27インチ
  • 予算:平均2万円くらい

こんな感じになると思います。

ディスプレイ1台のメリットは、作業スペースが最小限で済み、予算も安く済むこと。

逆にデメリットは、2台体制に比べれば作業効率が悪いことです。

なかのの夫
なかのの夫

ディスプレイ1台でもそれなりに画面を広く確保するためにも、24インチ以上の大きいサイズをチョイスしましょう。

 

ただ、大きすぎても作業スペースが狭くなり、視線移動の幅が大きくなり疲れます。

そのため24インチ~27インチくらいが最適

価格は、モニターのスペックによって大きく異なり、1.3万円くらいで買えるのもあれば、3万円を超えるようなものもあります。

デスクトップパソコン×デュアルディスプレイ(ディスプレイ2台)の場合

デスクトップで、今あるディスプレイにもう1つディスプレイを買い足して、デュアルディスプレイ(2台)にしたい!

という方は、

  • サイズ:20インチ以下の、全く同じディスプレイを2つ
  • 予算:約2万4,000円くらい

こんな感じになると思います。

デュアルディスプレイ(2台)のメリットは、圧倒的な作業のしやすさです。

僕もデュアルディスプレイで、左側を作業用、右側をチャット等の連絡確認用(サブ)として使ってます。

逆にデメリットは予算が若干かかること。あとはデスク上のスペースが取られること。

このデメリットを解消するためにも、画面サイズは20インチ以下の小さなものがおすすめ。

しかも2台ともに全く同じディスプレイにするのがいいでしょう。

なかのの夫
なかのの夫

画面の大きさ・色合いが異なると、視線移動時に違和感があり、作業効率が逆に悪くなります!

さらに、20インチ以下のディスプレイは価格も安く済みますよ。

ノートパソコン用のサブディスプレイの場合

ノートパソコンを使ってるので、必要に応じてサブディスプレイを使いたいな

という方は、

  • サイズ:15インチくらい
  • 予算:約2万円くらい

モバイルディスプレイはまだそんなに出回ってないので、こんなもんって感じですね。

在宅勤務だけでなく、カフェや、たまのオフィス出勤など外で仕事する場合に持ち運びしやすいのが最大のメリット。

デメリットは、価格の高さと画面サイズや解像度、色合いなどがノートパソコンと異なること。

なかのの夫
なかのの夫

とはいえ、作業用だけでなくスマホと接続してゲームしたり動画観たりもできるので、こだわって良いものを選ぶのもよしですね。

価格の幅は広く、2万円くらい~4万円くらいのものまで。

画面サイズは15.6インチが多く、単純に解像度などのスペックの高さに応じて価格も高くなるようです。

在宅勤務におすすめの「約24~27インチ」ディスプレイの売れ筋ランキング

ここからは、在宅勤務におすすめの売れ筋ディスプレイを、ランキング形式でご紹介していきます。

Amazonのランキングを元に、価格・スペック・口コミ等も書いてますのでご参考にどうぞ。

まずは「約24~27インチ」ディスプレイから。

なかのの夫
なかのの夫

ちなみに24インチのサイズ感は、「横:53cm、縦:30cm」くらい、27インチは「横:60cm、縦:34cm」くらいです。ご参考までに。

では以下から順に詳細を見ていきましょう!

1位:I-O DATA モニター(23.8インチ)

1位のI-O DATAディスプレイは、低価格で高評価、しかも3年保証。

I-O DATAはどのサイズでも評価高くて、しかもAmazonタイムセールでよく対象になります。

安く買え、しかも高品質の代名詞です。迷ったらI-O DATAから選ぶといいかも。

スペック

  • 画面サイズ:23.8インチ
  • 解像度:1920×1080
  • 入力端子:HDMI×1、DVI-D(HDCP対応)×1、アナログRGB×1 、ヘッドフォン端子×1
  • 評価:4.1(5段階中)
  • 備考:3年間保証、タイムセール対象でよく安くなる

このディスプレイの口コミ

ノートPCからデスクトップへの買い替えで購入しました。

何よりの決め手は価格。
この値段で、この画面サイズは中々ありません。
そしてメーカがI-O DATAという点もポイント。

画面は大きく見やすし、明るさも問題ありません。
ただ、色味がちょっと今一つなのと
時々ある、画面のチラつきがマイナスポイントです。

当然、EIZOモニターのようにはいきません。
お値段相応です。

価格重視でモニターを探しているなら、十分な製品だと思います。

※出典:Amazon

以前使用していたモニターはPCリサイクル適用前の古いI-O DATA製の18インチ重さ約5Kgのモニターでした。
4隅に白い点が発生するようになり買い替え時なんじゃないかと思っていたところ、この製品はまず軽いのが衝撃でしたね。
細かい設定はできるし、3種類の接続端子がデスクトップのグラボの端子と合いますしI-O DATAというブランドと言う事もあり安心して使用できます。
ただモニター用スピーカーの音量が以前使用していた物よりとは若干小さくなるようです。
そんな具合で、今のところは目立ってマイナスな部分はないかと。

※出典:Amazon

I-O DATA モニター(23.8インチ)をAmazonでチェックする

2位:Dell モニター(27インチ)

27型ではDellのディスプレイが◎です。フレームレスで省スペース&スタイリッシュで2万円の良品です。

なにより誰しも知るブランドなので、サポート体制がしっかりしてるのも◎。

もし交換になっても、先に交換品が届くので、サポート体制的には在宅勤務向きかもですね。

スペック

  • 画面サイズ:27インチ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • 入力端子:HDMIx1,D-Sub15ピンx1
  • 評価:4.4(5段階中)
  • 備考:3年間交換保証、修理時には交換品を先にお届け

このディスプレイの口コミ

14インチノートPCを家内に譲りました。夫婦共に高齢者、視力も衰えているので24インチの外部モニターを探していました。お正月に本商品を見つけました。①27インチと大画面②評判が良い③価格も手頃④メーカーへの信頼などから、即、発注しました。予定通りに到着しました。素人の感覚ではEIZOに比べ色の深みは少ないように感じましたが、この価格でこの性能・品質は申し分ないと思います。コスパに優れた商品と思います。

※出典:Amazon

ゲーム用で購入。
画質良好、色合いも良好。デザインもよし。
この性能でこの価格は驚きです。さすがモニタ販売台数世界1のDELL!
ケーブルはHDMIが1本付属します。
VASAに対応していないので付属スタンド以外は取り付け不可です。ご注意ください。
スピーカーはついていないので音はでません。

価格が安いですがビジネスからゲーム利用まで幅広く使えるモニタです。
モニタは各メーカー10台くらい買いましたがDELLが一番いいです。
自信をもってお勧めできるモニタです。

※出典:Amazon

Dell モニター(27インチ)をAmazonでチェックする

3位:BenQ アイケアモニター(23.8インチ)

続いてはBenQのアイケアモニター。

その名前のように目をケアする機能としてブルーライトカット機能の他に、輝度(明るさ)自動調整、フリッカーフリー(ちらつき抑制)といった多彩な機能を搭載してます。

また、ディスプレイが90度回転して縦型にできたりするので、システム開発やアプリ開発などを行うエンジニアの方にかなりおすすめです。

スペック

  • 画面サイズ:23.8 インチ
  • 解像度:1920×1080
  • 入力端子:HDMI、DisplayPort、D-sub
  • 評価:4.4(5段階中)
  • 備考:ブルーライト軽減、輝度(明るさ)自動調整、フリッカーフリー(ちらつき抑制)

このディスプレイの口コミ

在宅勤務になってモニタが必要になり購入しました。

SEという仕事柄、パソコンをずっとみてプログラミングすることが多いため、目に優しいモニターが欲しいと思って購入しました。
アイケアモニターという名前の通り、目に優しい機能がたっぷり取り入れられています。

・ブルーライト軽減
・輝度(明るさ)自動調整
・フリッカーフリー(ちらつき抑制)
・高さ/傾き調整

これだけの機能が入っているモニターはなかなか見つからないので、買っても損しないです!

※出典:Amazon

デュアルモニターにするつもりでDisplayPortに対応したこちらのディスプレイを購入しました。

使用用途は映画や動画の視聴、ゲームです。
画質やfps等の性能は充分です。FPSゲームをしないのでfpsに細かい事は言及しませんが、本格的にゲームをするつもりなら汎用性に富んだこちらの製品はオススメしません。

この製品は画面左下に操作パネルがあります。ディスプレイの点灯ボタンを押してから実際に画面が表示されるまでに結構な時間がかかります。それが我慢できれば問題のない製品といったところです。

※出典:Amazon

BenQ アイケアモニター(23.8インチ)をAmazonでチェックする

4位:PHILIPS モニターディスプレイ(23.8インチ)

4位はPHILIPSのディスプレイ。こちらは5年間のフル保証つきなのがポイントです。

PHILIPSといえば電動歯ブラシやシェーバーのイメージありますが、実はディスプレイも高評価。

こっちもベゼルが狭くスタイリッシュに見えて良い感じですね。

スペック

  • 画面サイズ:23.8 インチ
  • 解像度:1920×1080
  • 入力端子:アナログD-Sub 15ピン x1、 DVI-D x1、HDMI 1.4x 1
  • 評価:4.3(5段階中)
  • 備考:パネル・バックライトを含む5年間フル保証

このディスプレイの口コミ

狭ベゼルでスタンドの台座がスクエア型というデザイン重視で選びました。

ノングレアはフィルム処理とのことでしたので、もしかしたらスマホの保護フィルムのように多少は存在感があるかなと危惧していましたが、まったく気になりません。

画質に関してはこれまでテレビをモニター代わりにしていたのでとても綺麗に感じます。
ドット抜け等の不具合もありません。

ひとつだけ注意として挙げるならば、ベゼルが狭すぎるためこれまで使用していた「キングジム 棚 ディスプレイボード 黒 DB-500クロ」が画面上部に干渉してしまいました…!
デザイン重視で買ったので、ディスプレイの上に物を置くのをやめてデスク周りを整理整頓しようと思います。

※出典:Amazon

一般的なスマホの画面のように縁の方まで画面表示される点と、裏側も鋭角テーパなので上にホコリが溜まりにくい点が良いです。
残念なのはディスプレイポートがないので、quadroなどディスプレイポートのみのボードの場合、変換ケーブルを別途用意しないといけない点です。
基本的な機能は全部入りなので、コスパ良しです。

※出典:Amazon

PHILIPS モニターディスプレイ(23.8インチ)をAmazonでチェックする

5位:ASUS ビジネスモニター 24インチ

5位はASUSの24インチのビジネスモニター。

この機種の最大の特徴は画面が縦にも回転できることです。

画面に表示される「文字」の数がかなり増え、一度にさくっと情報が集まりますので、まさにサブディスプレイ向き。

ちなみにAmazonだと他サイトに比べて圧倒的に価格が安いので、購入はAmazonがおすすめです!

スペック

  • 画面サイズ:24インチ
  • 解像度:1920×1080(フルHD)
  • 入力端子:DisplayPort X 1、HDMI x 1、D-sub15ピン x 1、DisplayPort X 1、HDMI x 1、ステレオミニジャック×1
  • 評価:4.1(5段階中)
  • 備考:3年間メーカー保証

このディスプレイの口コミ

ずっとテレビ画面でゲームをプレイしていたが、家族も使うので自分専用のモニターがほしくて購入。
プレイ自体が上手ではないので、テレビ画面からの大きな変化はよくわからないが見やすくなった。
この値段で自分専用のものが購入でき、明るさなどの細かい設定も自分好みにできるので とても良い買い物だった。

※出典:Amazon

画質も良く、光加減や接続端子の変更がボタン1つでできて簡単!
ただ内蔵スピーカーの音が小さいため別にスピーカーを買う必要があります。

追記
右下のボタン、電源ボタン以外を押し 横棒3本のマークを選択→下から2番目のスパナマークでボリューム変更できました!

※出典:Amazon

ASUS ビジネスモニター 24インチ をAmazonでチェックする

番外編:中古の「約24~27インチ」ディスプレイ

なるべく費用を抑えたい方向けに中古品もご紹介しておきます。

  • 約24~27インチサイズ
  • 過去の評価:4以上
  • LEDかつ非光沢パネルを使用
  • 価格は1万円以下

という高品質な中古ディスプレイのみ厳選して選べるよう、リンクを作成しました。

以下のボタンからすぐに見れますのでご参考にどうぞ。

中古の「約24~27インチ」ディスプレイをAmazonで見る

在宅勤務におすすめの「20インチ前後の」ディスプレイの売れ筋ランキング

次に、デュアルディスプレイ向けの20型前後のディスプレイをご紹介します。

なかのの夫
なかのの夫

ちなみに20インチ前後のディスプレイ(画面)の寸法は、「横:44cm、縦:25cm」くらいです。ご参考にどうぞ!

では以下から順に、価格・スペック・口コミ等の詳細を見ていきましょう。

1位:iiyama ディスプレイ E2083HSD-B2 (19.5インチ/HD)

評価も総じて高く、価格も1.1万円ほど。しかも3年保証つき。最もおすすめです。

スピーカー搭載で、かつエコモードもあるので電気代も安く済みます。

価格・保証・品質のバランス取れてるので迷ったらこれ。2つ買っても2万3,000円くらいです。

スペック

  • 画面サイズ:19.5インチ HD+ (1600×900)
  • 解像度:1600×900
  • 入力端子:D-sub、DVI-D
  • 備考:3年保証つき
  • 評価:4(5段階中)

このディスプレイの口コミ

PC用の液晶3台目です。
マルチモニターにて使用。
1台目はASUS 設定が分かりやすい。映像は普通
2台目はIO-DATA DIOS-MF271XDB 27型 色味が淡い。設定で変更可能。 映像は綺麗
3台目のこの商品 他商品に比べ設定がわかりずらい。
ただ、PCモニターとしては優秀で、必要十分です。
理由は、この価格でスピーカー付、配線類豊富でD-SUB DVI-D の2種類のケーブル付です。
コスパ良いです。
個人的に設定項目以外は良いので星4つとさせていただきました。

※出典:Amazon

ドット欠けもなく、まったく問題なく使えています。以前は21型を使っていたので、24型は大きすぎるかもと思ったのですが、特に邪魔になることもなく、PC用に目の前に置くにはちょうどいいサイズ感。重量が軽くて取り回しも良い。以前使っていたものに比べて、画面は最初明るすぎるかな?と思うくらい明るかったです。
角度にはあまり強くありませんが、TNタイプだからそういうものでしょう。PC用に目の前に置いて使うにはまったく問題ありません。また、そのぶん応答速度が良く、価格も抑えられています。自分の場合、PCゲームによく使うので、応答速度の良さは重要です。

この価格でこのスペックなら、なんの不満もありません。

※出典:Amazon

iiyama ディスプレイ E2083HSD-B2 (19.5インチ/HD)をAmazonでチェックする

2位:プリンストン 液晶ディスプレイ 19.5型

1位より価格は少しだけ安く、評価も高いディスプレイです。

特に目立った特徴はありませんが、シンプルで使いやすいですね。

iiyamaに比べればブランドネームは低いですが、価格に対する品質自体はめちゃめちゃ高いようです。

スペック

  • 画面サイズ:19.5 インチ
  • 解像度:1600×900
  • 入力端子:VGA×1,DVI-D×1, 3.5mmステレオミニジャック(入力)×1
  • 備考:スピーカーあり
  • 評価:4.2(5段階中)

このディスプレイの口コミ

用途が特殊で、どうしても内蔵スピーカーが必要だったので選択。

画質は普通で違和感無し。個人的には見やすい部類。
ドット抜けは無し。
ゲームのような速い動きはイマイチ、ですが他社の
同価格帯モニターと大差ないです。
内蔵スピーカは2W。他社は1Wなのに頑張ってます。
その分、音は大きいです。もっとも音質は他社同様に
イマイチですが・・・
操作ボタンは完全に背面で慣れが必要。
本体フレームと脚は丈夫。ただし脚は背面VESAと
両立しないのでVESAを利用した背面機器の取付は注意。

※出典:Amazon

作業用の小さいノングレアのワイド、21.5は大きすぎで18.5はやや小さい、壊滅的に目が悪いのでFHDは無理、でも1366×768はちょっとなー、TNでいいけど視野角90/65はダメ、できれば細ベゼルで安っぽくなくて1万ぐらい、という超わがままな条件でこれを選んでみた結果、ほぼ期待通りのモニターでした

※出典:Amazon

プリンストン 液晶ディスプレイ 19.5型をAmazonでチェックする

3位:I-O DATA モニター 20.7型

最後のみ20インチ以上ですが、評価が高い製品なのでピックアップしました。3年保証で安価です!

24~27インチ部門でも紹介しましたが、安定品質のI-O DATAです。

20型以上で1万円ちょいという低価格。2つで2万2,000円くらい。一番安価で済むかも。

スペック

  • 画面サイズ:20.7 インチ
  • 解像度:1920×1080
  • 入力端子:HDMI×1、DVI-D(HDCP対応)×1、アナログRGB×1 、ヘッドフォン端子×1
  • 評価:4.2(5段階中)
  • 備考:3年保証つき、スピーカー付き

このディスプレイの口コミ

9年使ったBenQのG2411HDが目が疲れるのとサイズ見直しをしたく買い換えました。
まず20.7インチというサイズがいいです。24インチは目の前に置くには大きすぎました。圧迫感がなくて必要十分。フリッカーレスも気に入っています

(中略)

液晶がエージングされたのか動画の残像感が少しマシになってきました。これならなんとか普通に使えるかな。液晶にも慣らしが必要なんですね。そういえば以前にも買ったばかりの液晶モニタで初めは滲んで表示されていた文字が数日経ってクッキリしてきたということがありました。

※出典:Amazon

今までTVをモニター代わりに使っていたのでパソコンモニターは久々の購入です。20.7インチですが丁度いい大きさだし視野角もそんなに気にならない程度(パネルがTNなので仕方が無い)。モニター設定も説明書見らずに30分位で出来ました。プライムセールで通常より安く買えたので満足です。ちなみにモニターについてるスピーカーは使っていません。使用して2年目になりましたが今の所問題ありません。スタンドもモニターアームに変更して使用しています

※出典:Amazon

I-O DATA モニター 20.7型をAmazonでチェックする

番外編:中古の「約20インチ」ディスプレイ

だいたい20インチの中古ディスプレイも、高品質で安いものがたくさん!

  • 17~22インチ以下のサイズ
  • 過去の評価:4以上
  • 解像度:HD+ (1600×900)以上
  • 価格は1万円以下

という条件の中古ディスプレイのみ厳選して選べるよう、リンクを作成しました。

以下のボタンからすぐに見れますのでご参考にどうぞ。

中古の「約20インチ」ディスプレイをAmazonで見る

在宅勤務におすすめのモバイルディスプレイ売れ筋ランキング

最後にモバイルディスプレイの売れ筋をご紹介します。

こちらは現在主流なのが15.6インチで、今回紹介してるのもすべて15.6インチ。

※中古はまだまだ少ないので、こちらは省略してます。

1位:Lepow モバイルモニター(15.6インチ)

Lepowのモバイルモニターは、軽量でIPS液晶パネルの超高画質を備えたモバイルディスプレイ。

実際の評価コメントもおしなべて高評価が高く、価格もなんと2万円以下の超コスパモデルです。

スペック

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • 重量:0.73 kg
  • 解像度:1920×1080
  • 入出力端子:Mini HDMI、イヤホンジャック側のType-C(給電&映像出力フル機能)、ロールキー側のType-C(給電のみ)、3.5mmオーディオ
  • 評価:4.4(5段階中)
  • 備考:3年保証付き

このディスプレイの口コミ

・18880 円とというリーズナブルな価格
・財布に優しい価格にもかかわらず、安さを感じさせない質感
・ケーブルが付属していて、すぐに使える便利さ
・Lenovo X280 とモニターを Type-C 1 本 (電源込み) で接続できてケーブルがすっきり
・Surface Lapop は Display Port のため、変換コネクタを経由しての接続でしたが問題なく稼働
・説明書が分かりやすく、必要十分な内容が記載されています
・スピーカーも内蔵しており、仕事で YouTube を見る分には十分なもの
・付属スタンドも十分安定して使えます

※出典:Amazon

仕事用のサブディスプレイ・子供のSwitchのプレイ用モニタとして。タイムセールで16000円台で購入できました。
値段見て衝動買いしたくらいで、ノーブランドの中国製品だったので期待はしてなかったのですが、意外に映りは悪くなく、お値段以上の価値を感じます。おまけに、手持ちのAnkerのモバイルバッテリーから給電できたので、キャンプ場で大画面でSwitchで遊べるということで子どもたちが大喜びしています。
ちなみに最大2.1A以上のモバイルバッテリーじゃないと給電はできないみたいです。手元にある最大1.5Aのモバイルバッテリーでは給電されませんでした。

※出典:Amazon

Lepow モバイルモニター(15.6インチ)をAmazonでチェックする

2位:EVICIV モバイルモニター(15.6インチ)

1位に比べ、価格も重量も上がりますが、こちらも高評価のモバイルディスプレイ。

魅力はスタイリッシュなデザインで、ベゼル幅4mm、薄さ11mmというスリムデザインで堅牢なアルミボディが魅力です。

スペック

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • 重量:0.91 kg
  • 解像度:1920×1080
  • 入出力端子:USB Type-C、標準HDMI、miniDP、 PD、3.5mmオーディオ
  • 評価:4.6(5段階中)
  • 備考:3年保証付き

このディスプレイの口コミ

2万円を切っているとは思えないしっかりした作り、スタンドにもなるカバーが初期装備、設定メニュー・紙の説明書もしっかりした(自動翻訳したみたいな怪しいやつじゃない!)日本語での記載、各種ケーブル完備、さらに画面保護シートまでついているとは!!! コスパが良いとかいうレベルではなかった。

主目的だったNintendo Switchではtypecと、モバイルバッテリーからの給電で安定して動作してくれる。

MacBookとも、typec一本で問題なく接続。

Amazon fire stick とも、モバイルバッテリーの給電で問題なく動きます。(ただし、こちらはモニターとfire stick のそれぞれに給電が必要)

ただ、最初に届いた製品にはイヤホン接続で片耳しか出力されない不具合があったので、サポートにメール。
翌日には返事があり何回かのメールでのやりとりで丁寧に対応してもらい無事良品と交換してもらえました。

大満足の買い物です。

※出典:Amazon

chromebookとHDMI接続で早速使用。
HDMI接続のため給電が必要だが、chromebookのUSB-Aからの給電で稼働しました。
画質問題無し。大きすぎずちょうど良いサイズで活用の機会も増えそうです。
フルサイズのHDMI-HDMIケーブルが同梱されていたので別途購入したHDMI-HDMIケーブルが余ってしまいました。
これは個人的なポイントですが、変な臭いもしませんでした。衛生的にも許容できる製品に感じました。
以下も個人的な見解です。
保護フィルムは気泡が入りまくったため使用しませんでした。貼らない方が綺麗かもしれません。

※出典:Amazon

EVICIV モバイルモニター(15.6インチ)をAmazonでチェックする

3位:ASUS モバイルモニター(15.6インチ)

1位・2位は無名のメーカーでしたが、有名ブランドASUSにも高評価のモバイルディスプレイが!

その分価格は若干張りますが、有名ブランドならではの安心感を求める方には最適です。

スペック

  • 画面サイズ:15.6インチ
  • 重量:0.78kg
  • 解像度:1920×1080
  • 入出力端子:USB Type-C、USB3.0
  • 評価:4.3(5段階中)
  • 備考:3年保証付き、タッチペン付き

このディスプレイの口コミ

当商品を購入前に安価な中国製を購入しました。接続に関して説明書を読んでも理解が出来ず、問合せに関してもメール以外に方法はありませんでした。返事は来ましたが満足のいく対応ではありませんでした。当初より購入前に当不安がありましたが評価が良かったので注文いたしました。購入されたレビューで確認しましたがそれとは違う商品が送られてきました。その際にアマゾンに連絡したところ大変丁寧に対応して頂き返品対応も大変満足しております。その後やはり日本に窓口があるasus商品を注文いたしました。価格が高いので少しためらいましたがやはり高いなりの価値のある商品で満足しております。

※出典:Amazon

TV(高さ70cm程の机上)と作業場(文机、床にベタ座り)で目線が遠く、簡易的に手元に古いiPadをアプリで接続してちまちま作業をしていましたが、いい加減10インチ未満の画面がイヤになり、こちらを購入するに至りました。
PCにHDMIとUSB Type-c端子がないため、消去法でUSB3.0のモデルです。

接続は至って簡単でした。本体とPCをつなぎ、ドライバーはASUSのHPから最新のものをダウンロードして、後は手順通り。
初めてのデュアルディスプレイで知識がなかったので、設定には少し手こずりましたが、整ってからはとても快適です!

今はこちらをメインディスプレイとして使用しています。
主な作業はExcelと簡単な動画編集、サブディスプレイ(TV)は動画再生ソフトのみ映るようにして、編集した動画やブルーレイを楽しんでいます。
この様な使い方が正しいのかどうかはわかりませんが、TVがもっと大きかったら、サウンドバーがあればもっと映画が楽しめるかな、とか、ちょっとだけ夢が広がりましたw。

※出典:Amazon

ASUS モバイルモニター(15.6インチ)をAmazonでチェックする

おまけ:テレワーク・在宅勤務向けの「タブレット」

モバイルにディスプレイではなく、より手軽に使える「タブレット」をお探しの方は以下の記事をどうぞ。

売れ筋でかつ高評価のタブレットを厳選してご紹介しています(以下一例)

テレワーク・在宅勤務にぴったりのタブレットの「選び方」も合わせて紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

快適に在宅勤務するなら良いディスプレイ・良いグッズを選ぶべし

在宅勤務 ディスプレイ グッズ

快適な在宅勤務にはディスプレイやグッズ選びが大切!

というわけで、予算2万円くらいあれば在宅勤務に最適なディスプレイが手に入ります!

改めて用途別に、在宅勤務におすすめのディスプレイは以下の通り。

ディスプレイに限らず、快適に在宅勤務するためにはグッズ選びが大切です。

ぜひとも「形」から入っていただいて、バリバリ生産性高めていきましょう!

ちなみに、ディスプレイ以外でも在宅勤務・テレワーク・リモートワークにおすすめのグッズやツールはあります。

以下の記事も参考にしてみてくださいね!

Facebookにいいね!
→最新情報をお届け!

\ 僕が書いてます /
なかのの夫

『パパが本業、会社は副業』がテーマの複業家。
副業がんばって、1日5時間労働&リモートワークの会社員に転職し、フリーランスではブログ・SNS・Web制作。家族と365日一緒&場所にとらわれない自由なライフスタイルを実現しました。
子どもに『いってらっしゃい&おかえり』が言えるのが小さな誇りです。➜ 詳しいプロフィール

なかのの夫をフォローする

SEOに強い導入文テンプレ

かんたんペルソナ設定法

\ もう1記事いかが? /
なかのの