Twitterの極意は『話しかけること+話しかけ方』!8000フォロワー達成の結論

Twitter 話しかける Twitter 話しかけ方 Twitterノウハウ




Twitterを始めたはいいもの、

「初めましてのひとに対して、どう話しかけたらいいものかな…失礼があってもいけないし。なんか細かいルールとかもありそうで、Twitterでの話しかけ方があれば知りたいなぁ。」

…みたいに悩んでいませんか?

結論から言えば、Twitterにはルールなんかありません。自分からどんどん話しかけてOKです。

緊張するのは最初の1回だけですし、それさえ超えればコミュニケーションを楽しめるし、フォロワーもがんがん増えていきますよ!

僕はTwitterを本格的に始めて1年経たずに8,000フォロワーを達成しましたが、その最大のコツは、双方向のコミュニケーションを積極的に取ったことだなと自負しています。

※補足:運用してるSNSの合計フォロワー数は2.5万人突破してます。

この記事では、特にフォロワー数1,000人未満で、Twitterを頑張ろう!と考えているあなた

  • Twitterで話しかけることが大事な理由(自分を知ってもらおう!)
  • 効果的な3つの話しかけ方(引用RT、コメント、リプ)

主に上記2点を教えます!

これを読めばTwitterが楽しく運用でき、かつ、1,000フォロワーも比較的かんたんに達成できるはず。

自分の必要なところだけをサクッと読んでもらえればOKですので、ぜひご一読を!

スポンサーリンク

大前提:Twitterは気軽に話しかけてOK

Twitterは気軽に話しかけてOK

Twitterには謎のローカルルールがあるようです。

それが「相互フォローしてないと、リプ・引用リツイートしちゃダメ」っていうやつ。

思うに、「Twitterで初めての相手には話しかけづらい」と思っている方の多くは、この謎ルールに縛られている人が多い気がしますね。

気軽に誰にでも絡めるがのがTwitterの良いところなのに、わざわざなんでこんなヘンなルールを設けるのか…笑

…という思いを込めてつぶやいたのが下記のTweetです。

で、実際これは同感の方が本当に多いようで、30件以上のリプ(返信)、リツイートをいただいてます。

(そもそもそんなルールを知らないという人が大半でもあったのですが笑)

Twitterは誰とでも気軽にコミュニケーションを取れるのが魅力。

誰にどう話しかけてもOKです(もちろん、攻撃的なコメント等は絶対にダメですが)。

「FF外から失礼します」も不要です

で、このルールを象徴している定型文があります。それが、

「FF外から失礼します」

…です。

これ、「フォロー(F)、フォロワー(F)にもなってない(=外)」という意味なのですが、この言い方ほんと無駄です。不要です。

理由は2つあって、

  1. 文字がもったいないから
  2. 不自然で気持ち悪いから

…の2つです。

①文字がもったいないから

Twitterの文字数上限は140文字!

まず、文字数自体がもったいないです。

はっきり言って、もうこれだけで「FF外から失礼します」は使う意味なし。

ご存知のように、Twitterには140文字以内という文字数制限があります。

Twitterをガチで運営している人ならご理解いただけると思うんですが、言いたいことを140文字以内に収めるのってけっこう大変です。

なのに「FF外から失礼します」って全角10文字も使っちゃうなんてもったいなさすぎます。

それなら「こんにちは」とか「初めまして」で十分です。

これならたった5文字ですし、お互いに緊張もしないし、最低限のマナーもクリアできます。

②不自然で気持ち悪いから

「FF外から…」は不自然で気持ち悪い!

2つ目は「不自然で気持ち悪いから」というシンプルなもの。

だって考えてみてください。それって、道に迷ってしまい、近くのお店の人や道行く人に話しかける時に

「私はあなたの友達や知り合いでもないし、あなたにとって私も友達でも知り合いでもなんでもないですが、ちょっと失礼して話しかけてもいいですか?」

…って聞きますか?笑 聞かないでしょ!?

そんなの、人と人のコミュニケーションとして不自然ですし、気持ち悪いじゃないですか。

ふつう挨拶はシンプルに「こんにちは」とか「すみません」から始まりますし、互いにコミュニケーションをとるのは人間としてごく普通のことです。

Twitterも同じ。

「こんにちは」や「はじめまして」で始まり、相手に失礼がなければ、好きにコミュニケーションを取って全然OKです。

ビビらなくてOK。Twitterは気軽に使おう!

Twitterは気軽に使おう!

…とはいえ、実は僕も最初はビビって「FF外から失礼します」を使っていました(情けない…笑)

以下その例ですが、Twitter始めたての頃はほんと使いまくっています↓

すごいバズってるTweetとか、フォロワー数の多い人に話しかけるのって勇気が要りますよね。

でも実際、話しかけられた側はそんなの気にしていませんし、むしろポジティブなコミュニケーションは大歓迎(なはず)です。

僕もフォロワー数が5,000人くらいを超えたあたりから

「最初は話しかけるの緊張しました。」

みたいに言われるのが多くなったのですが、少なくとも僕は気にしてませんし、話しかけてもらえるのはめちゃくちゃ嬉しいです。

なので、Twitterで話しかけるのにビビらなくて全然OKです。

緊張するのはほんと最初の1回くらいで、それを超えれば緊張せずふつうにできるようになります。

Twitterは「話しかける」ことから始まる

Twitterは、まず自分から話しかけよう!

で、その大前提を踏まえて言いますが、Twitterは「話しかける」ことから全てが始まります。

もちろん、Twitterの基本はつぶやくこと、発信することが基本中の基本です。

でも、それは聞いてもらえる相手がいることが前提。フォロワーが少ない状態で発信をただ続けてもあまり意味がありません。

それは、例えるなら誰もいない砂漠にお店を出して「いらっしゃいませ」と叫んでいるようなもの。

誰もいないのだから、誰も反応してくれるはずがありません。

Twitterで話しかける=相手に自分の存在を知ってもらう

Twitterで話しかける=相手や、そのフォロワーに自分の存在を知ってもらえる

じゃあそんな時(フォロワーが少ない状態)はどうすればいいかというと、

なかのの夫
なかのの夫

積極的に話しかけよう!!

…になるわけです。

話しかけることで、相手に自分の存在を知ってもらえます。

さらに、話しかけた相手が反応(いいね、リプ、RTなど)してくれた場合、その相手のフォロワーさんにも拡散されるので、さらに多くの人に知ってもらえる機会が増えます。

というわけで、自分から話しかける=相手に自分の存在を知ってもらうこと。

フォロワーを獲得するための第一歩であり、非常に有効な手段になるんです。

※僕の場合、暇さえあれば誰かに絡みにいくという癖をつけていたのですが、こうなったらしめたものです!

Twitterの「話しかけ方」基本の3つ

では、ここからは「Twitterでの具体的な話しかけ方」実例つきで説明していきます。

ちなみに話しかけ方は3つありまして、

  1. 引用リツイート
  2. コメント
  3. リプ(返信)

…です。(なお、これは、フォロワー数が1,000未満の、まだ発信力が弱い方向けの方法です)

① 引用リツイートする

Twitterの基本の話しかけ方「引用リツイート」

最もおすすめなのが「引用リツイート」です。理由は、

  1. リツイートした相手にリアクション(いいね、リプ、リツイート等)してもらえる可能性が高い
  2. 自分の意見・考えの主張にもなる=発信力がつく

…という2つの理由があるからです。

ただし、単純にリツイートしただけでは全然価値はありませんので、

  • フォロワー数の多い、インフルエンサーの投稿を対象にする
  • 必ず自分が深く共感したTweetのみを引用リツイートする
  • 自分の意見や補足できる情報を追加する

…というポイントを守ることが重要です。

引用リツイートなら相手のTweetにコメントするよりも話しかけやすい(やりやすい)ですし、発信することでそのTweetが自分の価値・資産にもなります。

迷ったら、まずは引用リツイートしましょう!!

引用リツイートの例

引用リツイートの活用例はこちら。イケハヤさん(フォロワー数:18万人超)のTweetを引用したものです。

で、その結果、イケハヤさんに引用リツイートしてもらえました↓

ちなみにこの引用リツイートは、通常のTweetの2倍以上のインプレッション数を記録。

イケハヤさんさすが…。インフルエンサーの力は恐るべしですね。

② コメントする

Twitterの基本の話しかけ方「共感できるバズTweetにコメント」

2番目は、他人のTweetにコメントして話しかけること。

特に、以下2つの条件を満たしたTweetにコメントするのがおすすめです。

  1. バズってるTweet
  2. 自分が共感できるTweet

この2つの条件を満たすことで、多くの人に見てもらいやすく、かつ自分自身の発信力にも貢献できるコメントになります!

(両方を満たすものがなければ、2:自分が共感できるTweet であればOK)

タイムラインに流れてきたり、Twitterのトレンドに上がっている話題のTweet等から「お、これいいな!」と思うものを見つけましょう。

もしくは、

「min_faves:500 副業」

※数字は「いいね」がついた数なので、なるべく多い数がいいでしょう。
※「副業」の箇所は、自分の興味のある話題に関連したキーワードを入れましょう。

…とTwitterで検索すれば、自分の興味のあるキーワードを含んだ、今バズってるTweetがかんたんに見つけられます。

バズったTweetは多くの人が目にしますので、コメント欄まで見られることも多いです。

かつ、そのTweetをしたご本人からリアクション(いいね、リツイート、リプ等)をもらえる場合もあります。

というわけで、バズったTweetはなんとなくでも構いませんので、普段からチェックする癖をつけておくのがおすすめです。

コメントの例

自分の共感できるバズTweetにコメントした例はこちら。

いいね数:1万8,000以上、リツイート数は8,700を超える紛れもないバズTweetにコメントしてみました。

そしたら、僕のコメントについたいいね数は200位上で、リツイートも20件近くもらいました。

僕自身、「パパ」と名乗って子育てのこととかを普段からよくTweetしていたので、凄くコメントしやすかった覚えがあります。

これはまさに上記の2つの条件を満たしたTweetへのコメントでした。

③ 自分のTweetについたコメントにリプ(返信)する

Twitterの基本の話しかけ方「リプ(返信)する」

最後に、自分のTweetを引用リツイートしてくれたり、コメントしてくれた相手へのリプ(返信)も忘れてはいけません。

「ありがとうございます」等のかんたんな返信でもいいので、とにかく即レスを心がけるのがポイント。

これは単純に、僕がそうしてもらえると嬉しいのでやってます。

返信もらえないよりは、もらえる方が100倍嬉しいですし。

2,3日経ってようやく「いいね」だけよりは、即レスで返してくれた方が嬉しいですから。

なかのの夫
なかのの夫

とはいえ通知がものすごいときは全てにリプできないので、「いいね」だけで済ませてしまうことも多いのですが…(すみません)

これはいわゆる「返報性」というやつで、何か嬉しいことをしてもらったら、その恩を返したくなる…という心理にも当てはまります。

フォロワーさんとの交流が増えるほどに、ファンの数も増えますし、フォロワーも加速度的に増えていきます。

Twitterにおいて、これほど気軽でかんたんな「話しかけ方」はありませんので、これはぜひ実践して欲しいですね。

リプ(返信)の例

リプの例は敢えて挙げるほどでもないのですが、僕はこんな気軽で楽しい感じでやり取りをしています。

1,000フォロワー達成までは即レスを心がけましょう!

(しかし、上記のような超即レスではもはやツイ廃ですし、やりすぎ感は出るので、あくまでも自分のペースでやりましょう。笑)

話しかけて嫌なことがあったら?

とはいえ、せっかく思い切って話しかけても、うまくいかないことももちろんあります。

全く反応がない場合もありますし、いやなことを言われたり、ひどいときは誹謗中傷をもらうこともあります。なので、

 

「いざとなればアカウントを消せばいいや!」

 

…と思っておくことをおすすめします。

万が一、相手から攻撃されてイヤな思いをしたり、もしくはあなた自身が「もうこのアカウントは運用するのがいやだな」と思ったらサクッと消せばいいんです。

Twitterはあくまでネット上でのやりとりです。

同僚や家族、同級生などと違って毎日顔を合わせるわけではありませんからね。

合わない・返事がないなら「あぁタイミング合わないか、考え方が合わないんだな」くらいでOK。

やなこと言われたら、サクッと逃亡しましょう。誹謗中傷してくる連中は本当にただの暇人ですし、逃げるが勝ちです。

おまけ:プロフィールやTweet内容も工夫しよう!

なお、あなたがもし「Twitterをがんばりたい!フォロワーを増やしたい!」と思っているなら、

  • プロフィールを整える
  • Tweet内容(発信する内容)を工夫する

…ということも忘れずに!

それぞれのノウハウは、下記のページに全て公開していますので読んでみてください。

☑ Twitterのプロフィールを充実させたい人

☑ Tweet内容を工夫したい人

まとめ

Twitterの極意は『話しかけること+話しかけ方』にあります。

緊張するのは最初の1回だけですし、Twitterは自由なコミュニケーションの場です。

もっと気軽に話しかけてみましょう!

で、もし「Twitterってどう話しかけたらいいの?」と迷ったら、

  1. 引用リツイート
  2. コメント
  3. リプ(返信)

…の3つを意識すればOKです。(具体的な内容はこちら

Twitterは話しかけることから全てが始まります。もっと気軽に楽しみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロフィール
なかのの夫

副業(複業)歴7年。一日5.5時間しか労働しない「時短勤務」で、しかもオフィスに出社しない「リモートワーク」正社員。ブログとSNSでも稼ぐ【複業パパ】

年収300万に悩み副業ブログ開始 ➜ 1年半で年収2倍。最高83万PV/100万円。複業で人生大逆転しました!!

全てのパパとワーママに、家族もやりたいことも収入も諦めない欲張りな生き方を広める活動してます。

なかのの夫をフォローする
Twitterノウハウ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめの記事
なかのの