一人暮しの独身男性に推薦する最低限の食事(体にいい食事・悪い食事)

体に良い食事 体に悪い食事 独身男性 ヘルスケア




どうも、なかのの夫@複業パパブロガーです。

この時期、TwitterやFacebookでよく目にする投稿が「風邪ひいた」とか「体調崩した」ってやつ。

きっとこれを読むあなたも、ここ最近で1回くらいは見たことがあるんじゃないでしょうか?

で、そういう投稿をしている人で特に多いのが、「一人暮しの独身男性」です。

原因は明らか。ズバリ「食生活の乱れ」です。

他にも睡眠不足とかの生活習慣の乱れもありますけど、やっぱりいちばんは食生活。

直さなきゃいけない!とわかりつつも、実際どうしたらいいのかわからないし、めんどくさいんだろうなと敬遠しがちですよね。

僕も「一人暮しの独身男性」を10年くらい謳歌していたので、よくわかります。

というわけでこの記事では、数年前の僕と同じ「食事や栄養の知識がない、不健康な独身男性」の方のために、最低限知っておくべき「体にいい食生活」と「体に悪い食生活」をご紹介します。

めんどくさいことはなし!「とりあえずこれやっとけ」というもののみに絞りましたので、超シンプル。

今日からすぐに始めてみましょう!

「一人暮し・独身」時代の不健康すぎる僕

まずは「一人暮し・独身」時代の僕がどれほど不健康だったのかを正直に告白しておこうと思います。笑

一人暮しかつ独身ってとにかく自由なので、好きにお金も時間も使えるという素晴らしすぎるメリットがある一方、どうしても健康面が犠牲になります。

生活面…特に食生活の乱れ具合なんかハンパないですから、それに伴う健康リスクも相当なもの。僕はこれをよーーーく理解しているつもりです。

その典型例だった僕が当時(7~10年くらい前)どんな状態だったかというと…

  • アトピー(小学校の頃から20年間ずっと)
  • デブ(今より10kg以上太っていてピーク時80kgくらい)
  • 不健康(月1回風邪をひいて会社を休む)

という、書くのも恥ずかしくなるくらいの状態。特に冬は風邪も引きやすくなるわ肌が乾燥してアトピーもひどくなるわで大変でした。

僕が「一人暮し・独身」時代にしていた食事(食生活)

じゃあなぜ、こんな不健康極まりない体になっていたかというと、冒頭でも書いたとおりズバリ食事(食生活)の乱れからです。

ちなみに当時の僕の食生活(+生活習慣)はこんな感じ。↓

  • 3食コンビニ飯(たまにリンガーハット)
  • 冷蔵庫には常にペプシネックス1.5リットルを常備
  • 水の代わりにペプシやカロリーオフのジュースを飲む
  • スナック菓子大好き(ほぼ毎日食べる)
  • お酒も大好き
  • 運動しない(移動もチャリンコなので、歩くことも少ない)
  • お風呂はシャワーのみ
  • 深夜番組が大好き(=毎日夜更かし)
  • クッソ安い怪しいサプリを飲んで体調管理(のつもり)

ジュースとかお菓子食べてる分、サプリを飲んで何とかしようみたいなクソ甘い考えが見え見えの最低の食生活です。笑

(こんなんで健康になれるなら、日本国民は全員100歳まで生きれるっつーの。)

これを見て「うわ自分も同じようなもんだよ」と思われた方は、まさに今、不健康じゃないでしょうか?

もし今そうでなくても、そのうち間違いなく病気したり体が弱くなったりしますのでご安心を!!笑

栄養・健康の知識を学び、実践してからどんどん健康に!

と、上記のような食事や生活を送って、風邪・アトピー・デブ3拍子揃っていた当時の僕は、会社の上司からは「社会人なら体調管理しろ」とか「体弱いな」と人一倍言われ、彼女(現在の妻)とのデートをドタキャンしてしまう始末。

さらに当時はアトピー性皮膚炎が人生で一番ひどくなっていた時期。

体調悪いわ、肌はあちこち痒いし痛いしで、ついに思い立つわけです。

「どげんかせんといかん!」 と。

これをきっかけに栄養学やら食事の知識、生活習慣など、とにかく「健康」に関して色々なことを学び始めました。

そうやって色々なことを学び→実践しはじめて1年くらい経った頃、

  • アトピー完治
  • 体重-13kg(80kg → 67kg)
  • その間(1年間)風邪をひかず会社を無欠勤

こんな感じの、前とは真逆の状態に。

体は軽いし痒くないし、風邪ぎみになってもひき始めで終わってすぐ完治。

土日の予定が潰れることもなくなったし、当時の会社の同僚から「最近、休まなくなったね」とも言われました。

効果てきめん!「食生活」の改善のメリット

当時まず手を付けたのは食生活の改善でしたが、実はこれだけでかなり改善しました。何を隠そう、上の3つはどれも、食生活を変えただけで改善したものです。

人間の体は、昨日まで食べた物でできているとはよく言いますけど、当時ほど言葉を実感したことはありません。

健康な体でいなきゃ、お金を稼ぐことも、趣味も満喫することもできません。

で、それを支えてるのって絶対に食生活(何を食べてるか)なんですよ。

ちなみに現在も、体型も維持してますし、アトピー性皮膚炎が再発することもなく、風邪などの病気もなし。

しかも食生活の改善を行ったことで、これを我が子にも伝えることができるというメリットも生まれました。

子どもに良い習慣をつけるには、家庭の環境が一番大事。

でもそれって、親が見本にならなきゃいけないし、そのためには親が確かな知識を持っていなきゃダメなんです。

その知識を、自分の身をもって証明することができ、身につけられたというのはパパになった今、本当に大きな財産になったと思っています。

食に関することなら、子どもにどんな質問をされてもきちんと答えてあげられる自信がありますから。

最低限これだけでもOK!「体に良い食事・悪い食事」まとめ

前置きがやたらと長くなりました。ごめんなさい。

では、ここからは、僕が自ら実践し、かつ身をもって実感した「体に良い食事」と「体に悪い食事」をご紹介します。

優先してやるべき順にご紹介しますので、以下の順番通り実践してみてください!

体に悪い食事:外食、内食をやめる!(一番大事)

まず優先すべきは体に良いものを食べることではなく、むしろ逆の「体に悪いものを徹底的に減らすこと」です。

いくら良い食事をしたところで、それを台無しにする悪い食事もとっていたら全然が意味ないからです。

そういう意味で一番効果的なのは、外食と内食をやめることが第一歩です。

※一人暮しかつ独身男性の食事として、この2つを立たれるのは痛いですが…

外食は飲食店でゴハンを食べること、内食はスーパーやコンビニなどで食事(できあいのもの)を買ってきて自宅で食べること。

これをしないと、食事で健康になるのは絶対不可能です。これは自信を持って言えます。

外食と内食が体に悪い理由

一般的なファーストフードやファミレス、スーパーやコンビニのできあいのもので、体に良い食べ物は1つもありません。

まずほとんどが「糖質」に大きく偏ったものばかりじゃないですか。

ごはんもパンも麺類も、全部糖質です。外食も内食も、基本的には「糖質」を中心としたメニュー。糖質が体に悪いってのはもう周知の事実ですよね?

そしてもうひとつ気づいてほしいのが食品添加物。しかも、含まれる種類も尋常な数じゃありません。

裏面とか見るとわかりますけど、たとえばコンビニのおにぎりの場合、原材料名がお米と海苔と塩と具以外に、「なにこれこんなに必要あるの?」ってくらい入ってます。

下手したら、本来必要な材料よりも食品添加物の方が種類多いんじゃないかってくらいです。

こういう風に書くと「ちょっとなら問題ないだろ」とか「気にしすぎ」という人が居ますけど、そういう人たちは皆お馬鹿さんです。

食品添加物=化学物質なので、食べたら体の中に貯まる性質があります。

体内で分解もできない「異物」扱いなので消化・分解もされませんし、尿とか便と一緒に体の外に出ることもありません。

しかもそれを毎日・毎食食べるんですよ?減ることはなく、貯まり続けるんですよ?

これのどこが「ちょっと」で「気にしすぎ」なんですか?

「生活習慣病」という名前がなぜついたのか考えろ!

それを避けなかった結果が、癌とか糖尿病とか心臓病とかの「生活習慣病」なんですよ。

こういう誰でもやってるだろう的な生活習慣に由来するから「生活習慣病」っていう名前がついているんですよ?わかりますか?

その証拠に日本人の2人に1人は「癌」になる時代になってるじゃないですか。

それは、「今皆が当たり前にやってる生活習慣をしていたら漏れなく病気になりますよ」という何よりの証拠なんですよ。

なぜそれに気づけないんですか?ってこと。

外食と内食は毒だと認識することが大事!

外食と内食は、糖質と食品添加物の2大毒物(と言い切っちゃいます、この際)を漏れなく摂れる最凶の食事です。

とはいえ僕も全く外食・内食をせずに自炊だけなのかと聞かれると、そういうわけではありません。

ただ、そういう認識をきちんと持っておくことが重要なんです。そういう意識を持つことが体調管理の第一歩なんです。

外食と内食は、糖質と食品添加物の2大毒物の温床なんだということを認識することではじめて「避けよう」という意識がついてきます。

僕がここまで書くのは、健康的な食事を摂るよりも、体に悪い食事を避ける方が、何百倍も効果的だということを身をもって体感しているからです。

外食と内食をやめるだけで劇的に体調がよくなるケースもあるそうなので(僕もそんな感じでした)、まずは勇気を持ってやめてください。

体に良い食事:水を飲む習慣をつける!

水を飲む習慣をつけましょう!食事を改善するにあたって僕が最初にやったのが水を飲むことでした。

なんだかんだ、結局これが一番体に良いものだと思います。マジで水最強です!

 

 

「水は1日2リットル飲むといい」と言いますが、あれも本当です。

僕の場合は最低2リットルで、3リットルを目指して飲んでます。

水道水はさすがにヤバイので(水道管の腐食とか、塩素がバリバリ入ってる)、ミネラルウォーターとかウォーターサーバーとか浄水器とかの「飲料水」を2リットル飲む習慣を、まずつけましょう。

水といえば、「浄水器が一番!安全だし美味しいし長期的に見れば安いから買っとけ」的な感じで勧める人もいますが、僕はそうは思いません。

水を飲む習慣がない人がいきなり浄水器買っても、メリットは感じられないと思います。

だって、そもそも水を飲む習慣がないんですから。

浄水器って、水を飲む習慣がある人が「もっと経済的なもので安全なものないかな」と選ぶものだと僕は思います。

※とはいえ僕は浄水器を使い倒してますが。

なので、とにかくまず一番最初にやるべきは、何でもいいから(水道水はダメだけど)1日2リットルの水を飲む習慣をつけること!! これに尽きます。

水の何がいいって、代謝を手っ取り早く上げるのに効果的なこと。

代謝を上げると、ダイエットにもなるし、免疫アップにもなるし、肌もキレイになるし、疲れにくくなるし、良いことづくめなんですよ。

だから一番いい食事の習慣は「水を飲むこと」。

でも、ジュースとか清涼飲料水ではなく、水じゃなきゃ意味ないので注意してください。

ジュースとか清涼飲料水はその飲み物に混じった成分(主に糖質)を体が分解・吸収しなきゃいけないので、人間の体は水ではなく「食べ物」だと認識してしまうそうです。

あくまでも「水」です。お茶もいいみたいですけど、水にするのが無難です。(僕がそうだったので)

まとめ・補足

というわけでまとめると、

  1. ファーストフード・コンビニ・スーパー等をやめる(外食&内食)
  2. 水を1日2リットル飲む

この2つが、一人暮しの独身男性が食生活の改善で最低限やるべきことです。

僕はこの2つを実践しただけで本当に体が変わりました(健康になれた)ので、めちゃくちゃオススメです。

ただ、外食&内食をやめるのは簡単なことではありませんので、

  • 毎日食べている人は、週2~3日くらいは自炊にする
  • 朝食・昼食・夕食のうちどれかを「食べない」 ※おすすめは朝食

このどちらかをやることで、ファーストフード・コンビニ・スーパーで販売されてる毒物を「減らす」ことができます。

全部を避けるのはかなり難しいので、その量を減らすことから始めてみるのがいいと思います。(僕も正直、たまにはファーストフード・コンビニ・スーパーを利用します。)

その上で水を飲む習慣をつければ、そういう体に悪いものを体から追い出すデトックスにもなりますので、ぜひ実践してみてください。

シンプルだけど、めちゃめちゃ効きます。

体調管理が面倒なすべての男性の方、ぜひ今日から始めてみてください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロフィール
なかのの夫

ブログ+なかののサロン運営+2児の父の、『複業パパブロガー』

低年収に悩み2012年ブログ開始➜2016年83万PV達成➜2018年6月独立➜翌月100万円達成!

現在は妻・息子・娘と一緒に埼玉と故郷の山形を行き来する「デュアルライフ」を満喫中。

妻とはブログ界No.1仲良し夫婦。 #ブロギル +Twitterでは「ブログの稼ぎ方」を配信してます。

なかのの夫をフォローする
ヘルスケア
あなたにおすすめの記事
なかのの

コメント