運営歴5年のプロ解説│WordPressのメリット+デメリット【無料ブログと比較】

WordPress メリット WordPress




ブログで稼ぎたいんだけど、WordPressと無料ブログどっちがいいんだろう…?結果出してる人はWordPressを使ってるみたいでオススメもしてるけど、WordPressにはどんなメリットがあるの?

…と悩んでいるあなたにズバリ回答します。

なかのの夫
なかのの夫

WordPressは無料ブログに比較して圧倒的にメリット多い(10個以上あります)ので、迷わず最初からWordPressでブログやりましょう。

これが、WordPressブログ運営歴5年、会社員との兼業で月50~100万円を稼ぎ出す僕の結論です。

ちなみにそのブログのメリットというのが下記Tweetにあるものです。

以上の「WordPressのメリット」をより詳しく書いていきます。

さらに、副業でも月20万を目指せるWordPressブログの作り方(ほぼコピペ&最短10分)も合わせてご紹介しますので、ご一読を!

はじめに:WordPressとはそもそもどんな物?

メリットをご紹介する前にまずは認識合わせ。

これを読むあなたは、WordPressとはそもそもどんな物か知ってますか?

簡単にいうと、WordPressとは無料でオリジナルのブログを簡単に作成できるソフトのこと。

正確に言えばブログCMS(Contents Management System/コンテンツマネージメントシステム)で、ブログに必要なあらゆる要素(テキスト、写真などとにかく全部)をかんたんに一括管理できるソフトウェアです。

サーバーに自分でインストールして使う

で、どう使うかというと、レンタルサーバーを借りてそこに自分でWordPressをインストールして使います。

サーバーにインストールが終わると、ブログの記事を書くための画面と、読者に見える側のページが自動的にでき上がります。(無料ブログを使ったことがある人ならわかると思います)

…なんて聞くと難しそうに思えますが、実際WordPressは難しくありません。

コピペ&かんたんなテキスト入力だけの10分くらいで終わる超絶かんたんな作業でできてしまいます。

たった10分で自分だけのオリジナルブログが作れ、しかもハイクオリティで稼げる。それがWordPressです。

WordPressでブログを作るメリットまとめ×13個

で、ここからが本題。先程と同じ内容になりますが、僕なりにWordPressのメリットをまとめると以下のとおり。

  1. 無料で使える
  2. 操作性が良い
  3. SEOに有利
  4. ブログが削除されない
  5. 広告が入らない
  6. 豊富で便利なプラグイン
  7. デザイン・カスタマイズが自由自在
  8. テーマ(テンプレート)が豊富
  9. 情報が豊富
  10. 専門知識が不要
  11. 複数人でシェアしやすい
  12. 仕事が取れる
  13. 収益化しやすい

では順に深掘りしていきます(長いので流し読みでOKです!)

① 無料で使える

1つ目がWordPress最大のメリットです。

WordPressは、なんと無料で使えます(後述するようにサーバー代・ドメイン代はかかりますが)。

オープンソース形態を取っているため、個人・商用にかかわらず、誰でも無料で利用することができます。

WordPressのシェアは全世界のWebサイトの3/1を占めると言われていますが、そこまでシェアを高めた最大の理由は、「無料のソフトウェア」だからです。

後述するようなメリット多数で無料で使えるなんてマジで最強。これで使わない方がどうかしてます…

ちなみに一応日本語の公式サイトはありますが、個人がブログを作りたいときは公式サイトではなくレンタルサーバーを契約して、そのサーバー上から自動でインストールする・・・・という方法を取ります(もちろん無料です)。

② 操作性が良い

使い方が難しいイメージがありますが、実際そんなことありません。

WordPressの管理画面はけっこうわかりやすくできていて、直感的に使用でき、操作性は良いです。

上記画像のように、機能ごとにわかりやすくカテゴライズされたメニューが左側にあり、右側の広いエリアでその作業を行う…という構成。

※たとえば投稿は記事を書く・編集する機能が、メディアは画像や動画、外観はブログのデザインカスタマイズ等ができます。

単純にブログを更新する(記事を書く)くらいの作業なら、めっちゃくちゃ簡単。

テキストを打ち込む、太い文字(ボールド)にする、見出しを入れる、画像を入れる等の基本作業は、前知識なしでも十分わかりますし、はっきり言って慣れの問題ですね。

はてなブログやSeesaaなどの無料ブログサービスを使っていた方なら難なく使えると思います。

③ SEOに有利

WordPress メリット-seo

WordPressは無料ブログに比較して圧倒的にSEOに有利です。

まず、Googleが公式に以下のように発言しています。

Googleでよい結果を残したいなら、WordPressは賢い選択。

WordPressは、その技巧の80-90%をSEOに対して気遣っている。

WPを使えばそれだけで上位表示できるということではなく、WPにはSEOに適した仕組みがたくさん備わっているうえに、簡単に使えるということでしょう。

※出典元:海外SEO情報ブログ/WordCamp 2009 San FranciscoでのGoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏のプレゼンテーション資料より

ただ、誤解してほしくないのは、これはWordPressを使えば必ず上位に表示できるわけではないということ。重要なのは記事の質・サイト全体の質です!

さらに、実際に検索してみれば明らか。

以下は『副業ブログ』で検索した結果(2019年4月15日時点)ですが、なんと10サイトのうち上位7つ全てがWordPressでできてます。

この2つの事実だけですでにSEOに有利なのは確かなんですが、さらに付け加えるなら、

  • SEO対策がすでにされているWordPressテーマがたくさんある
  • SEO対策用プラグイン(WordPress用のアプリみたいなもの)がある

という点も挙げられ、もはやSEO集客=WordPressは常識です。

④ ブログが削除されない

WordPress メリット 削除されない

WordPressは自分でブログをゼロから作ります。

なので、自分で消したり、サーバーやドメインの更新を忘れて消えない限りは、ブログが消えることはありません。

逆に無料ブログはどうしたって削除される可能性があります。

まず、無料ブログサービス自体が終了してしまえば当然消えて無くなります。

実際、先日Yahooブログが技術的、市場的に継続が難しいって理由でサービス終了になることが発表されました。

あとは利用規約に違反すれば一発アウト。

記事単位で消されることもあれば、ブログ自体を消されたり、アカウント停止になっちゃうことだってあり得ます。

ブログ自体消えてしまっては何の意味もありません。

当たり前のようでいて、実は「ブログが削除されない」ってすごいメリットなんですよ。

⑤ 広告が入らない

WordPress メリット 広告が入らない

無料ブログは、ほぼ確実に広告が入ります。

無料ブログサービスがなぜ無料って、サービス提供企業が広告をブログ内に表示させているから。

(それで広告費を稼いでいるから、無料でブログを作れる仕組みを提供できてるわけですね)

そしてこの無料ブログサービス側が出してる広告が大問題。ブログの読者は当然そちらに流れる可能性があるからです。

これ、大きな機会損失です。本来得られたはずの収益がなくなっちゃうということですからね。

実際、日本最大の無料ブログサービス「Ameba」では1ページ中にこれだけ多くの広告(なんと4ヶ所!)が入ります。

これで稼げるイメージ、つきませんよね?

その点WordPressは自分でゼロからブログを作るので、広告は一切入りません。

自分が入れた広告のみが表示されますので、機会損失を最小に抑えられるんです。

⑥ 豊富で便利なプラグイン

WordPress メリット 豊富で便利なプラグイン

WordPressはオープンソースなだけに、拡張性が非常に高いのが特長。

それを象徴するのが豊富なプラグインです。

プラグインとは、たとえるならスマホのアプリのようなもので、

  • SEO対策する
  • 問い合わせフォームを設置する
  • 人気記事ランキングを表示する
  • サイトの表示速度を速める

…等の機能を、必要に応じて加えたり減らしたりできるんです。

※ちなみに以下がプラグイン追加画面です。

WordPressを使っていて不便に感じたことはたいてい、プラグインを入れれば解決し、そのほとんどが無料です。

※スマホのアプリと同じで、プラグインを入れすぎるとサイトが重くなったり、管理がめんどくさくなったりしますので注意は必要ですが。

⑦ デザイン・カスタマイズが自由自在

WordPress メリット デザイン・カスタマイズが自由自在

オープンソースで拡張性が高いということは、デザイン性もカスタマイズ性も非常に高いということ。

個人ブログのようなシンプルなサイトはもちろん、以下に挙げる企業ホームページのようなキレイに作り込まれたサイトまで、ほんとに様々なデザインが作れてしまいます。

基本的な言語の知識(HTML/CSSなど)があれば、比較的かんたんにカスタマイズが可能。

最近は、高度なカスタマイズ機能があらかじめ搭載されているテーマ(テンプレート)もあるので、初心者でもある程度自由度の高いデザイン・カスタマイズができます。

⑧ テーマ(テンプレート)が豊富

WordPress メリット テーマ・テンプレートが豊富

無料ブログにもテンプレートがあるように、WordPressにも「テーマ」と呼ばれるブログのデザインテンプレートがあります。

無料・有料、日本製・海外製まで多種多様。マジで星の数ほどの種類があり、恐らく1万種類は優にあるんじゃないかと。

そのため、ほぼ確実に自分好みのテーマが見つかるはずです(ちなみに以下はWordPressのテーマ設定画面)

テーマも個性が様々あり、

  • 超高機能がウリのテーマ
  • 個人でカスタマイズを前提としたシンプルなデザインのテーマ
  • 写真を魅せることに特化したテーマ

…等など、選ぶのに迷ってしまうほど豊富です。

各テーマは記事の見出しやリンクの色、画像の装飾方法を変えられたり等の簡単なカスタマイズもできるので、自分好みのデザインに仕上げるのも楽しいポイントです。

⑨ 情報が豊富

WordPress メリット 情報が豊富

全世界No.1のシェアを誇る=ユーザーがそれだけ多いということなので、ネット上にもたくさんの情報が集まっています。

あなたと同じ悩み・課題を過去に解決した先輩ユーザーがすでに解決策を導き出し、ブログや専門サイトに書いてくれているはず。

また最近では、TwitterでもWordPressのノウハウを発信するアカウントが増えてきています。

そのため大抵のことは、ググるかTwitterで検索すれば解決できるようになっています。

さらにWordPressは日本語にも対応しているので、技術的な問題でも英語サイトをGoogleを使って翻訳→英語の原文と照らし合わせながら意味を想像する…みたいなことをしなくてもOK。

WordPressの公式フォーラムでも世界中から多くの情報が寄せられています。

WordPressのことで困ったことがあれば基本的には全て解決します。

⑩ 専門知識が不要

WordPress メリット 専門知識 不要

WordPressでブログを作って、ちょっとデザインを変えてブログを書く…くらいの作業なら、専門知識は全く必要ありません。

ブログを作る際のWordPressのインストール作業は自動的に行われますし、ヘッダーのロゴを変えたりするくらいのデザイン変更なら、カスタマイズから簡単に行えます。

そしてブログの記事を書く作業は、「操作性が良い」の章で説明したように、直感的に操作できるので困ることはないでしょう。

もう少し凝ったカスタマイズでも、先ほども書いたようにプラグインが豊富にあるので、基本的には導入するだけで解決することがほとんど。

もちろん、めちゃめちゃ高度なカスタマイズや万が一の際には、専門的な知識が必要です。

ですが、ブロガーの本質は記事を書くことなので、正直そこまでこだわったカスタマイズを素人がやることは時間のムダだし、ブログが飛んでしまうリスクも高いし、いいことがありません。

逆に言えば、専門的な知識が必要になるカスタマイズにまで手が伸びたら、それは「やりすぎだ」と言えるでしょう。笑

⑪ 複数人でシェアしやすい

WordPress メリット 複数人でシェアしやすい

WordPressは、複数のユーザーで1つのサイト・ブログを共同で運営することを想定し作られています。

無料ブログでは1つのブログに対してログインできるアカウントは1個のみですが、WordPressは制限なくアカウントを発行することができます。

しかも、「管理者」「編集者」「投稿者」「寄稿者」「購読者」の5つのユーザー権限があって、それぞれできることが違います。

※たとえば、「投稿者」は記事の公開ができますが、「寄稿者」は公開ができず、記事の公開権限がある投稿者以上の人に対して「レビュー待ち送信」というアクションしか取れません。

個人ブログの運営上はほぼ意味のない機能ですが、ある程度規模の大きいサイトを運営するときにはめちゃめちゃ役立ちます。

知識のない人に下手にPHPやCSSをいじれる権限を与えてしまえば、サイトが真っ白になる…なんてこともあり得ますからね。

実際僕が今勤務している会社でもこの機能を使っていて、月間数百万PVという大規模サイトを運営しています。

サイト運営者にとっては超ありがたい機能なんですね。

⑫ 仕事が取れる

WordPress メリット 仕事が取れる

機能にある程度慣れてきて専門知識があることが前提ですが、WordPressを使った仕事が取れるというメリットもあります。

WordPressを使ったホームページ制作サービスを扱う企業は多くありますし、今は個人でもココナラTwitter・FacebookなどのSNSを通じて仕事を受注しているケースが増えています。

実際僕も、WordPressを使ったホームページ制作&運用・保守のお仕事をもらっています。

知人のホームページを制作したこともあれば、ディレクションだけやってWebエンジニアの方に制作を代行してもらったこともあります。

WordPressを使ってブログやホームページを作ることは決して難しくはないんですが、PCやネットのリテラシーが低い方は自分で作るのを避ける傾向にあるので、実はけっこう需要があるんですよ。

なので、今WordPressに抵抗を感じてる方も、まずは一度ブログを作るのに挑戦していただきたいですね。

⑬ 収益化しやすい

WordPress メリット 収益化しやすい

ブログの収益化と言えば、アドセンスやアフィリエイトの広告収入です。

でも、WordPressの拡張性をもってすれば、それ以外の収益化も実は割と楽にできたりします。

たとえばECサイト(通販サイト)を作ることも可能です。

※WelcartはWordPress用のECサイト作成プラグインです!

これには「Welcart」というプラグインが必要にはなりますが、なんと無料で利用できて比較的簡単にECサイトが作れてしまいます。

※ただし決済手数料として3%程度かかります。

他にも、上記で説明したユーザー権限を駆使すれば、有料会員限定のコンテンツを用意したり等も簡単に対応できるため、広告以外の収益化もしやすいんです。

もちろん広告での収益化はめちゃめちゃしやすくなっていて、商品ランキングを作れたり、アドセンスを好きな位置に自動挿入できる機能も、大体は無料で使えます。

広告でも広告以外でも収益化しやすい…WordPressの拡張性はほんとにすごいですね。

逆に、WordPressでブログを作るデメリット

逆に、WordPressにはデメリットもあります。それが以下のTweetにあるもの。

とはいえ、管理費用も微々たるもの(僕のブログ運営費用はわずか月1,000円ほど) 。

レンタルサーバー会社も日々サービスの改善をしてくれてるので、そうそうサーバーも落ちないし、表示速度も実際は超っ早なところが多いです。

…と、WordPressでブログを作ることは、デメリットを上回るだけのメリットがあります。なので、

なかのの夫
なかのの夫

圧倒的にメリット多いので、迷わず最初からWordPressでブログやりましょう。

こういう結論になるわけですね。

副業で月20万目指せる、WordPressブログの作り方(ほぼコピペ&最短10分)

というわけでWordPressにメリット感じてくれた方は、ぜひ今日にでもWordPressブログを作ってみましょう。

ほぼコピペ&最短10分で終わりますので超簡単です。

で、これは僕が副業で月50~100万程を稼いでるブログと同じ構成なので、月20万を稼ぐポテンシャルはあるはずです。

以下の記事に画像23枚使って、わかりやすくまとめてますのでご参考にどうぞ。

※特典として、僕が実際使ってるおすすめASPも紹介してます。

※以下、この記事を見てブログを作ってくれた方の声

まとめ:WordPressはメリットだらけ!初心者こそチャレンジを!

僕は最初、無料ブログ(Seesaaブログ)から始めたのですが、実際稼げるようになったのはWordPressに移行してから。

それまで稼げても月1万くらいだったのが、一気に月20万稼げるようになりました。

タイミングももちろんあったんでしょうけど、こういう経験をしたこともあって僕は断然WordPressをおすすめします。

それに無料ブログ→WordPressへの移行ってクッッッソめんどくさいんですよね…

というわけで、WordPressと無料ブログどちらで始めようか検討しているなら、間違いなくWordPressです。

初心者だからこそ、ぜひぜひチャレンジしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロフィール
なかのの夫

ブログ+なかののサロン運営+2児の父の、『複業パパブロガー』

低年収に悩み2012年ブログ開始➜2016年83万PV達成➜2018年6月独立➜翌月100万円達成!

現在は妻・息子・娘と一緒に埼玉と故郷の山形を行き来する「デュアルライフ」を満喫中。

妻とはブログ界No.1仲良し夫婦。 #ブロギル +Twitterでは「ブログの稼ぎ方」を配信してます。

なかのの夫をフォローする
WordPress
あなたにおすすめの記事
なかのの