フルリモートワーク正社員になるには「実績」9割。未経験は無理!

フルリモートワーク 正社員 なりたい なる方法 リモートワーク・在宅ワーク




フルリモートワークの正社員として働くなかのの夫です。

通勤時間ゼロ、遅延・事故、満員電車とも無縁で、自分のペースで仕事のできるリモートワーク。

自分もリモートワークしてみたい…けど、正社員として雇ってもらうにはどうすればいいんだろう?

と魅力を感じつつも、どうやったらなれるのかわかりませんよね。

結論から言えば、フルリモートの正社員になれるかどうかは「実績」で9割決まります(断言します)。

フリーランスで業務委託を受けるならまだしも、フルリモートワークで正社員として勤務したいのなら、実績を積まなければまず無理でしょう。

ましてや、

未経験OKの、フルリモートの正社員の求人ってないかなぁ…

という虫のいい話は一切ありませんので、この時点で諦めてください。

この記事では、現役リモートワーカーの僕が、約2ヶ月間の就職活動のノウハウをもとに、

  • フルリモートワーク正社員になれるか「実績」で9割決まる理由
  • リモートワークを実現しやすい職種と、求人サイト
  • リモートワークで必要なスキル&ツール

以上の3点を解説します。

スポンサーリンク

フルリモートワーク正社員になれるかは「実績」で9割決まる理由

フルリモートワーク 正社員 なるには 実績

これはシンプルで、実績=信頼の指標だからです。

リモートワークはオフィスで机を並べて仕事をするわけではないので、勤務態度や今何の業務をやっているかもわかりません。

そのため、評価のポイントは単純に「どれだけ成果をあげたか?」になります。

じゃあ企業が書類選考や面接の段階で、この人がどんだけ成果があげられそうか?信頼できそうか?をどうやって判断するか?

「実績」です。

面接を受けたフルリモート可の会社すべて「実績」を重視!!

事実、僕が「フルリモートOKの正社員」の条件で面接してもらった会社すべてが僕の「実績」を気にしていて、面接ではすごい細かく聞かれました。

以下その質問の一例です。

  • ブログは月に何記事くらい書いてますか?
  • リライトしたことはありますか?
  • Googleアナリティクスやサチコはどれくらい使えますか?
  • 画像の加工とかできますか?
  • 企業のSNSは運用したことありますか?
  • オウンドメディアの立ち上げってどうやったんですか?
  • ディレクター職でもいけそうな気がしますが、いかがですか?

面接に進んだ5~6社全てがこんな感じだったので、まず間違いないかと。

募集している職種に合った実績でなければならない

なお、実績は企業が募集してる職種にばっちり合った実績じゃないと意味がありません。

たとえて言うなら、フォワードを求めてるJリーグのクラブは、大谷翔平選手を雇うか?って話です。

恐らく雇いませんよね。(いや、もしかしたら話題作りで採用する可能性はあるかもしれませんが…笑)

いくら野球で目覚ましい実績があったとしても、サッカー選手を求めてるのに野球の実績をアピールしても契約できるわけがないんです。

募集している職種がプログラマーなら、プログラミングの実績(制作したサイトやWebサービス、開発に携わったプロジェクトなど)を。

ライターなら、ライティングやブログの実績(月間30記事、運営1年で10万PV達成など)を。

わかりやすくアピールすることが必要です。

未経験でフルリモートOK、正社員の求人はあり得ません!!

というわけなので、フルリモートかつ正社員という条件で雇ってもらいたかったら、「実績」を積むことです。

未経験でいきなりリモートワークで雇ってくれる会社なんてありませんよ。

逆の立場(人事のひとの立場)で考えてみてください。

  • ズブの素人だから、ちゃんと成果挙げられるかわからない
  • 直接顔を合わせて指導することも、仕事ぶりを見ることもできない
  • でも正社員として雇うのでリスクもある(保険料を半額負担して、安易にクビにもできない)

こんな悪条件のひと、雇うと思いますか?

なかのの夫
なかのの夫

よほど光る才能があったり、広瀬すず似のかわいい子or菅田将暉似のイケメンじゃなきゃ、絶対に雇いませんって!!笑

というわけなので、まずは自分のなりたい職種を決め、その職種に合った実績を積むことが最短&最良ルートです。断言します。

僕が複数社からフルリモートワーク・正社員に転職できた際の実績(実例)

で、以下は僕が転職(就職)活動をしていた当時、プロフィールに書いた「実績」です。

※ちなみに、募集している職種はマーケティング職、ライター職など複数で、いずれからも内定をもらってます。

自分で言うのもなんですが、マーケティング職やライター職を募集している企業なら、「おっ!」と注目する実績だと思います。

こんな風に、募集している職種にばっちり合った実績を書くのが、フルリモートワーク正社員で内定をもらうための絶対条件です。

「フルリモートワーク可・正社員」の条件を実現しやすい職種

で、そんな実績を上げるためには、まず「フルリモートワークで募集している職種」は何なのかを知らなければ始まりません。

せっかく実績上げるためにがんばっても、その職種でリモートワーク可で募集してなかったら意味ありませんから。

なお、例を挙げると、

  1. エンジニア(プログラマーやSEなど)
  2. ライター
  3. マーケッター

…と、こんなところです。

この3つは僕が勤務している9割の社員がフルリモートワークで働く会社で特に目立つ職種。

迷ったらとりあえずこの3つのどれかを目指しましょう!

これ以外なら、事務職もいけるかもです。

ちなみに上記3つ以外で、リモートワーク向きの職種一覧は以下の記事にまとめています。その職種になるための方法も合わせて書いていますので、合わせてお読みください。

→ リモートワークに最適な職種&条件まとめ【現役リモートワーカー直伝】

リモートワークに最適な職種&条件まとめ【現役リモートワーカー直伝】
会社員としても、個人事業主(ブログ、SNS運用など)としても完全在宅で仕事してる現役リモートワーカー、なかのの夫です。 この記事を読むあなたは、 …

フルリモートワーク×正社員の求人が探せる、おすすめ転職サイトは3つ

フルリモートワーク 求人サイト

そして職種が決まったところで、実際にどんな求人案件があるのかもさくっと目を通しておきましょう。

とはいえ、フルリモートOKの正社員の求人が多いサイトじゃないと意味がありません。

なかのの夫
なかのの夫

フルリモートOKの求人なんて、たいていはフリーランス向けですからね…

そこで、僕が実際に就職活動で使用したサイト+僕のリモートワーク仲間から聞いた転職サイトをこっそりご紹介しておきます。

具体的には以下の3つ。この3つは登録必須です!!!

  1. リクナビNEXT(261件)
  2. リクルートエージェント(105件)
  3. doda(539件)

※カッコ内は「リモートワーク」で検索した求人の数(2019年9月時点)

なお、その他のおすすめ求人サイトと、使ってみた特徴やメリット・デメリットは以下の記事で正直に書いてます。

上記以外にもまだまだ種類はありまして、恐らくまだご存知ないサイトもありますので、こちらも合わせてどうぞ。

正社員・フリーランスに関わらず、リモートワークで必要なスキル&ツール(慣れておくべし)

フルリモートワーク スキル ツール

最後におまけ。

面接を少しでも有利に進める&採用後スムーズにリモートワークに慣れるために、

以上の2つをチェックしておきましょう。

全部完璧にしておく必要はありませんが、少なくとも今の自分にそのスキルがあるか、ツールを知っているかくらいは、最低限確認しておくのがおすすめです。

フルリモート正社員になりたければ、今すぐ「実績」を作ろう!!

というわけで何度も繰り返しになってしまい恐縮ですが、フルリモートワークの正社員として働きたいなら、実績が「9割」です。

なので、

  1. リモートワーク向きの職種からなりたいものを選ぶ
  2. その職種で目立った実績を上げる
  3. リモートワーク求人サイトで応募

これがフルリモートワーク正社員として採用されるための最短ルートといえます。

リモートワーク(テレワーク)の普及率はわずか13%程度とまだまだですが、最近は続々とリモートワークOKの会社・案件が増えてるのも事実。全然不可能なことではありません。

で、そのためにもまずはバリバリ実績を積みましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロフィール
なかのの夫

副業(複業)歴7年。一日5.5時間しか労働しない「時短勤務」で、しかもオフィスに出社しない「リモートワーク」正社員。ブログとSNSでも稼ぐ【複業パパ】

年収300万に悩み副業ブログ開始 ➜ 1年半で年収2倍。最高83万PV/100万円。複業で人生大逆転しました!!

全てのパパとワーママに、家族もやりたいことも収入も諦めない欲張りな生き方を広める活動してます。

なかのの夫をフォローする
リモートワーク・在宅ワーク働き方改革
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめの記事
なかのの