在宅ワークは将来性高し!将来性のある仕事+なり方│在宅100万の僕が解説

在宅ワーク 将来性 リモートワーク・在宅ワーク




複数の在宅ワークで月50〜100万くらい稼ぐなかのの夫です。

出勤なし・家事や育児の合間にできる在宅ワーク、魅力的ですよね。

でも、魅力的だなとも思うけど、

在宅ワークしたい人
  • 在宅ワークって今流行ってるだけで、将来性って本当に高いのかな?
  • この先も需要があるだろう「将来性の高い在宅ワーク」って何なんだろう?

というお悩みもあるかなと思います。

ちなみに僕は2年以上も在宅ワークしてますが、

なかのの夫
なかのの夫

在宅ワークは将来性がめちゃくちゃ高い!

 

国も支援していて需要も高く、年々稼ぎやすくなってきています。

 

在宅ワークで稼げる人はどんどん増えてるので、今すぐ始めるべき!

…と自信を持って言えます。

というわけでこの記事では

  1. 在宅ワークが将来性が高いと言える理由
  2. 今すぐ始めるべき、将来性の高い在宅ワーク+なり方

主にこの2つについて解説します。

最後までお読みいただければ、

在宅ワークしたい人

在宅ワーク、やっぱり良さそう!将来のために今日から始めてみよう!

…と思えるはずです!

気になるところから読んでいってくださいね。

スポンサーリンク

【断言】在宅ワークは将来性が高い!今すぐ始めよう!

在宅ワークは将来性が高いです!

在宅ワークは将来性が高いです!

冒頭でも書いたように、在宅ワークの将来性は非常に高いので「迷っている方は今すぐに始めるべき」です。

理由はいくつかありますが、最も大きい理由は僕自身が在宅ワーク(リモートワーク)で稼げているからです。

ちなみに在宅ワークは複数やってて、内容は以下の通りです。

✓ 僕のやってる在宅ワークの内訳

  • 会社員:Webライターマーケティング職を兼任
  • 個人事業:ブログ・SNS・ホームページ制作&運用代行

※このブログを含め5個ほどブログ・サイトを運営し、SNS総フォロワー数は2.6万人(内、個人Twitterでは9400人くらい)

ブログやSNSは6~7年やってますが、「年々稼ぎやすくなってるな」と感じますし、継続して会社員以上の収入を得ています。

また、僕の周囲にどんどん在宅ワークで稼げる人が増えているのも大きな理由。(この辺は後で実例を交えて説明します!)

とにかく、間違いなく「在宅ワークの将来性は高いな」と確信してます。

在宅ワークは将来性が高いと言える理由

では改めて「在宅ワークの将来性が高い!」と言える理由を、「根拠」を交えてご紹介していきます。

① 政府が「テレワーク」を推進している

まず、政府がテレワークを推進しまくってますね。

✓ テレワークとは

テレワークとは「tele (離れた所)」と「work ( 働く)」を合わせた造語。「オフィスに出社して働くのが基本」という前提があります。

※詳細と、在宅ワークやリモートワークとの意味の違いは「リモートワーク/テレワーク/在宅ワークの違い」を参照ください。

1分でわかる!リモートワーク/テレワーク/在宅ワークの違い│リモートワーカーが解説
リモートワーク、テレワーク、在宅ワーク…色々呼び方あるけど、結局ぜんぶ同じ意味なの?それとも何か違うの? 週5日、在宅で働...

たとえば、最近行われた活動で言えば「テレワーク・デイズ」が有名ですね。

これは東京オリンピック開催に向け、都内の交通状況を緩和する等の目的で推進してるもの。

ちなみに2017年から今年まで3回開催され、去年は1,682団体、延べ30万人以上が参加した大きなイベントです。

※出典:テレワークデイズ

これ以外にも、各政府機関がテレワークに関して以下のような取組を実施しています。

  • 厚生労働省「輝くテレワーク賞」テレワークの活用で優れたワークライフバランスを実現した企業等の表彰制度
  • 日本テレワーク協会「テレワーク月間」2015年より11月に開催されているイベント。総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省などが共同で行っている

② クラウドソーシング、アフィリエイト等の在宅ワーク市場が急成長

次の理由としては、「在宅ワーク市場」そのものが急成長していることが挙げられます。

たとえば、ランサーズクラウドワークスなどの「クラウドソーシング」です。

2016年の矢野経済研究所の調査によると、クラウドソーシングの市場規模は驚きの「年平均45.4%」の成長。

なんと2020年度には「2,950億円」の市場になるとか(以下ツイートを参照)

ちなみにこの市場規模は「アフィリエイト」とほぼ同様!

同じく矢野経済研究所の調査では2018年度のアフィリエイト市場が「2,933億円」とのこと。

上記ツイートでも言ってますが、この2つは「在宅ワーク」のテッパンです。

テッパンの在宅ワーク分野が2つとも急成長=在宅ワークの将来性が高いことの何よりの証明です。

③ 在宅ワーク希望者も多い

さらに、在宅ワーク希望者も増えています。

詳細は以下ツイートをご覧いただきたいのですが、2015年の調査では対象者の3分の2が「在宅ワークに転職したい」と希望しています。

また、NTTコムリサーチの2012年の調査でも「在宅勤務に興味がある」が49.8%と半分近くを占めているとのこと。

当然ながら、需要のあるところに供給は起きます。

希望者が多い=在宅ワークは今後さらに伸びる(将来性が高い)と考えられます。

④ テレワークも徐々に普及している

「テレワークという働き方自体も広まってきているから」という理由も挙げられます。

上記ツイートの通り、現状の普及率は「16.2%」と低いものの、2年間で7%近くも普及が進んでます。

確かにここ数年でテレワークと似たような意味の「リモートワーク」がSNSを中心によく目にするようになってきました。

最近では、みずほ銀行もリモートワークを許可するとの発表も。

今後ますます普及が進み、在宅・ テレ・リモートの仕事も増えていくことが予想できますね。

⑤ 事実、ここ1年で「在宅ワークで稼げる人」が増えている

そしてこれが最大の根拠。

事実、ここ1年で「在宅ワークで稼げる人」がものすごく増えています。

先日、以下のツイートをしたのですが、何人かの人に返信をいただきました。

では、以下いただいた返信です。

まずは「これから期待な人」たち!

 

続いて、すでに短期間で凄い実績を上げてる人たち!

 

以下からは桁がちょっと違う、すごすぎな方たちです。

上記の方たちは全員1年以内に稼げるようになった方たち。

ほんとに「在宅ワークで稼げる人」、どんどん増えてます。

将来性が高い!在宅ワーク向きの仕事まとめ

ここからは、「将来性が高い在宅ワーク向きの職種」をご紹介します。

前提:在宅ワーク(リモートワーク)に向いている職種の条件

まず前提として言っておきたいのが、全ての仕事で在宅ワークができるわけでも将来性が高いわけでもないということ。

在宅ワークできる仕事(職種)には条件があります。それが以下の4つです。

  1. いわゆる「現場」がない
  2. コミュニケーションがそんなに必要ない
  3. データや業務の進捗が共有しやすい
  4. 成果が明確

上記をすべて満たした仕事でなければ、在宅ワークを実現するのは難しいでしょう。

より詳しくは「リモートワークに最適な職種&条件」で書いています。ざっとで構いませんので読んでみてください。

リモートワークできる最適な職種&条件まとめ【現役ワーカー直伝】
会社員としても、個人事業主(ブログ、SNS運用など)としても完全在宅で仕事してる現役リモートワーカー、なかのの夫です。 この記事を読むあなたは、 ...

では以下からは、上記4つの条件を満たした「特に将来性が高い在宅ワーク向きの職種」をご紹介していきます!

① エンジニア

最もおすすめなのが「エンジニア」です。

ノートPCとWi-Fiがあれば世界中どこでも仕事できるし、データ・業務の共有も楽。基本は一人でコツコツ作業しますし、Webサイトやシステムといった成果物も明確。

おまけに、dodaの有効求人倍率では「10.8倍」を叩き出すような職種です。

※出典:転職求人倍率レポート(2019年8月)

これほど在宅ワーク向きの職種もありません。

在宅ワークの職種選びで迷ったらまずは「エンジニア」で間違いなし。

未経験からエンジニアを目指すならスクールだ!

なお、未経験からエンジニアを目指すなら、迷わず「スクール」に通うことをおすすめします。

理由は2つ。

就職・転職に圧倒的に有利で、「現場で役立つスキル」が身につくからです。

以下の記事に、転職失敗したらレッスン料が無料になるor転職成功で0円の「転職保証」のあるおすすめスクールをまとめています。

ぜんぶ「ネットで無料体験」できるのでまずは予約してみましょう。

② ブロガー・アフィリエイター

2つ目は、ブロガーもしくはアフィリエイターです。

上記のリモートワークに向く職種の条件をすべて満たしていることはもちろん、収益源である「アフィリエイト」が急成長しているから…という理由もあります。

なかのの夫
なかのの夫

上記ツイートでも書いたように、アフィリエイト市場は急成長しています!

また、僕自身がブロガー兼アフィリエイターで、ここ5年ほど会社員以上の収入を得ているので、自信を持っておすすめできます。

ブロガー・アフィリエイターで稼ぐためには?

ブロガー・アフィリエイターとして稼ぐためには、稼げるブログ・サイトを作ることが最大のポイント!

そして稼げるブログ・サイトは「WordPress」で作るのが絶対条件です。

WordPressは検索エンジンで上位表示されやすく、自由にデザイン変更もできる最強ツール。使わない理由がありません。

その「稼げるWordPressブログの作り方」は以下の記事で画像つきで超わかりやすく説明してます。

初心者でも最短10分ででき、さらに稼げるアフィリエイトまで紹介してますので、マネして作ってみてください。

③ Webライター

「Webライター」も在宅ワークの定番かつ、今後も需要あるだろう職種。

なぜならライターが書くのは企業案件がほとんどだからです。

ここ最近は企業がアフィリエイトサイトや自社商品・サービスを売るためのオウンドメディアの立上げが相次いでます。

集客のためには検索上位に表示できる「記事」が大量に必要なので、Webライターの需要があるわけです。

アフィリエイトを含むネット広告業界も右肩上がり状態なので、今後も需要は高そうです。

Webライターで稼ぐには「SEOライティング」を身に着けよ!

ただ、テキトーに日記のような低品質な記事を書いても全く稼げません。

Webライター界は超絶二極化が進み、文字単価0.1円の搾取される層と、3円以上の稼ぎまくる層と真っ二つ。

この差を分けるのはズバリ、検索上位に表示できる「SEOライティング」の有無にあります。

ちなみに僕はSEOライティングを徹底して磨いてきたので、世にも珍しいリモートワーク正社員のライターになれました。

(契約の関係で言えませんが、かなりの高単価です)

僕がSEOライティングを身につけたのは以下2冊の本のおかげ。必読です。

✓ SEOライティングにおすすめの本

④ Webデザイナー

Webデザイナーも今後常に一定以上の需要があると考えられる、将来生の高い職種。

Webサイトがある限りWebデザインも常に存在するので、それを仕事にするWebデザイナーも求められます。

また、Webデザイナーは一度デザインを気に入ってもらえたら、継続で仕事をもらえることが多いのも特長。

  • デザインのトレンドを常に押さえる
  • Web制作に必要なプログラミング言語を覚える

など、「プラスαのスキル」を磨くことを意識しておけば、息の長い在宅Webデザイナーになれるはずです。

需要の高い在宅Webデザイナーになるには「オンラインスクール」!

Webデザイナーは比較的参入しやすい職種です。

とはいえ、需要の高い在宅Webデザイナーになるには「スクール」に通うのが手っ取り早いです。

Photoshop等のデザインソフトはもちろん、Web制作に必要なプログラミング言語まで、プロから教えてもらえます。

エンジニアと同様、スキルを覚える+仕事をもらうがセットになってるのがポイントです!

就職・転職に強くて、しかも場所関係なく通いやすいオンラインスクールに絞って以下の記事にまとめてますので、ここから選んで「無料体験」してみましょう。

在宅ワークは将来性も高いだけに「ライバル」も多い

以上、在宅ワークは将来性も高いし、今後も需要が高いだろう職種もいくつもある人気のジャンルです。

で、人気=競争が激しいということ。

そのため「ライバルが始めるより早く始めること」がモノを言います。

なかのの夫
なかのの夫

実際僕がブログ、アフィリエイト、Webライターとして稼げてるのもブームの起きる何年も前から始めていたからです。

どんな分野においても「早いもの勝ち」の原則は変わりません。

在宅ワークで継続して稼ぎたいなら、人より早く始めることです。

ここまで見てきて「これは!」と思う職種があれば、今すぐ始めましょう。

最後にまとめ!将来性の高い在宅ワーク+なる方法

ここまで読んでいただきありがとうございます!

というわけで最後にサクッとまとめです。

将来性の高い在宅ワークと、その職業になるための最短の方法は以下の通り。

繰り返しますが、稼ぐためには「早いもの勝ち」ですよ!

ピンとくるものがあれば今すぐ始めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

プロフィール
なかのの夫

副業(複業)歴7年。一日5.5時間しか労働しない「時短勤務」で、しかもオフィスに出社しない「リモートワーク」正社員。ブログとSNSでも稼ぐ【複業パパ】

年収300万に悩み副業ブログ開始 ➜ 1年半で年収2倍。最高83万PV/100万円。複業で人生大逆転しました!!

全てのパパとワーママに、家族もやりたいことも収入も諦めない欲張りな生き方を広める活動してます。

なかのの夫をフォローする
リモートワーク・在宅ワーク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あなたにおすすめの記事
なかのの